​仕事で使えるnote活用法

cakesの姉妹サービス・noteの人気ユーザーでもある林伸次さん。今回は林さんがnoteを利用する中で培ってきた、仕事で使えるアイデアをご紹介いたします。

こんな記事を書くとnoteで読まれます

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

お店を始めた方、新しいブランドを作った方、宣伝はどうしてますか? お金を払って広告を出したりしてますか? あるいはハッシュタグを駆使してインスタグラムで投稿してますか? 何度か書いていますが、僕、cakesの姉妹サイトのnoteで日記を書いていまして、noteを使うと、本当にお客さんたくさん来てくれるんです。今回は仕事で使えるnoteのお話です。

お店を始めた方は、お店を始めた際のあれこれを文章と写真で記事にするのがオススメです。「37歳、寿司屋のリアル開業体験談」という記事がわかりやすいですが、例えば僕なら、「世の中にはジャズ・バーやレゲエ・バーはあるのに、ボサノヴァ・バーはないから、一番最初にやろうと思った」っていうきっかけから書き始めて、物件の探し方、実際にいくらかかったかっていうのも書いていきます。

内装はほとんど自分たちでやったので100万円くらいしかかからなかったんですが、そういう体験の話を具体的に書くと、たくさんの人が読んでくれます。世の中には「いつかお店を始めたい」っていう人たちが実はすごくたくさんいるので、読まれるしシェアされるんです。そうやってお店に興味を持ってもらうと、本当に来店してくれます。

あるいは、自分の詳しいジャンルのことを書くと読まれます。僕が好きなのは「自分の好みの海苔の選び方」という記事なんですが、他にも「美味しい野菜の見分け方」とか「新鮮な魚の見分け方」っていうのを写真付きで詳しく記事にするとたくさん読んでもらえます。役立つ記事ってすごくシェアされるんです。そして文章の最後の方に「高円寺で居酒屋やってます」って書いておくんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Iii44698912Q 仕事で使えるnote活用法|林伸次 @bar_bossa | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

passionhack お店向けnote! 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

ksw_ngn 最近のnoteは本当に勢いがあるし、検索にも強くなってる。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

39buncho そんなん囁かれたら…書いてみようかなーとか思っちゃう…単純な私。 ただ、うちの会社はSNS禁止なので、仕事ネタはNGか… 約1ヶ月前 replyretweetfavorite