独身最後に羽目を外すチャンスの「バチェラー・パーティ」

アメリカには結婚式前、独身最後に同性の友人たちと行う「バチェラー/バチェロエッテ・パーティー」というものがあります。一般的にはギャンブルやストリップで騒ぐことが多いのですが、ベンとアリソンのパーティーは想像の斜め上のものでした。

アメリカには、結婚式の前に新郎と友人の男たちだけで行う「バチェラー・パーティ」というものがある。「バチェラー」とは独身男性のことで、日本でもアマゾンのプライム・ビデオで婚活リアリティ番組の「バチェラー・ジャパン」を配信しているようなので、馴染みが出てきているかもしれない。新婦が女子だけで集まって行うのは「バチェロレッテ・パーティ」と呼ばれる。(それぞれに英国のスタグ・パーティとヘン・パーティが由来と言われている)

「バチェラー・パーティ」は、結婚式で新郎を助ける重要な役割を果たす「ベストマン」が準備を取り仕切り、新郎は内容を知らされていないことが多い。「男が独身最後に羽目を外すチャンス」という感じで性的なニュアンスが強く、ストリッパーを雇ったり、徹底的に酔っ払ったりするパーティが典型的なものだ。調子に乗って羽目を外しすぎる男性が多いのか、トム・ハンクスが主演した1984年の映画『バチェラー・パーティ』のように、よく映画や小説の設定に使われる。

花嫁の重要な助っ人である「メイド・オブ・オナー」が取り仕切る「バチェロレッテ・パーティ」は、過去はもっとおとなしいものだったようだが、最近では「バチェラー・パーティ」のように、女同士で集まって男性ダンサーがストリップをする「チッペンデール」のようなショーに行くパーティも増えている。

週末泊りがけでギャンブル、ストリップ、ギャンブルといった大騒ぎをやる典型的な「バチェラー/バチェロレッテ・パーティ」で有名な場所がラスベガスだ。宿泊とショーが含まれたパーティ用のパッケージまである。


ラスベガスのホテルのロビーの大型スクリーンで、バチェラー/バチェロレッテ・パーティを大きく宣伝している


典型からは外れたベンとアリソンのバチェラー/バチェロレッテ・パーティ

ベンとアリソンはどんなバチェラー/バチェロレッテ・パーティをしたのだろう? (プライバシーのために)別々に尋ねてみたところ、ラスベガスでの典型的なパーティとかけ離れているだけでなく、「記事に書いてもいいよ!」と写真まで送ってくれる健全さだった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
まさかの自宅ウエディング

渡辺由佳里

娘のアリソンが長年のボーイフレンドのベンと婚約を決めた。と思ったら、「ウエディングは自宅でする」と言い出してパニックに陥ってしまった渡辺由佳里さん。自身の経験から結婚式にトラウマも抱える渡辺さんとその家族の1年にわたる「手作り結婚式」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kitamaru これ、割とアメリカの暗部を明確に示した話だったりするよね(続)>> 3ヶ月前 replyretweetfavorite

Lave_chamo 斧投げはやってみたいです、楽しそう。 ちなみに私ゃあの番組は好かんです。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

toe_hiro 米人も「脳味噌筋肉」的な言い方するのかw https://t.co/IpmFzcNIC6 3ヶ月前 replyretweetfavorite

yaki_nori 女性側のパーティーはバチェロレッテ・パーティって言うのか。オノ投げ楽しそう! 3ヶ月前 replyretweetfavorite