SNS投稿の刺激って、ほぼガチャと同じだと思う

人間にとって『居場所が無い』という痛みは非常に苦しく、時に、犯罪をしてでも、それを取り去ろうとする人もいます。例えば、英語も話せず、正規の仕事につけず、仲間もいないアメリカの若者は、ためらいつつも、『自分の居場所』を提供してくれるからマフィアに入る事も多いと言われています。『自分の居場所はどこにある?』は、放置すると恐ろしい『居場所の無い痛みの解消』について、深く考える連載です。

居場所に「依存」してはいけない

しかし、そうやってSNSに居場所ができると、SNS中毒の人が出てきてしまいます。その理由は単純で、1つにリアルで誰かと話しているときと違い、すぐに反応が返ってくるわけではないことと、2つ目は影響力の広がりという意味でギャンブル的要素があるからです。

前者についていえば、対面コミュニケーションでは自分が何か発言すると、一瞬で相手からのリアクションが返ってきます。すると、誰がどれだけリアクションを返してくれたかが一目瞭然です。

しかし、SNSでは投稿に対して、いつ誰からどのような反応が来るかは、まったく予測不能です。ですから、頻繁にSNSアカウントをチェックし、反応の有無を何度も確認してしまいます。しかも、そのときに必然的に他のアカウントが目に入り、「自分のSNSは反応が薄いのに、どうしてこの人のは?」と嫉妬し、その投稿が気になり、延々とチェックがやめられなくなってしまいます。

また、他の人よりも、自分の投稿を目立たせたいという意識が生まれ、自分の投稿内容をもっと面白く、刺激的にしなければというループに突入します。その結果、写真映えするような投稿をするために、食べたくもない物を注文したり、高級品を購入するなど、まさにギャンブルのようにやめられなくなります。

近年、動画によって逮捕されているYouTuberをよく見聞きしますが、これもまったく同じです。周囲の興味が尽きないように、より刺激的な動画を撮影し続けています。そうしているうちに周囲からの関心を失うことが恐怖になり、もっと刺激を強めるための負のループに突入し、抜け出せなくなってしまうのです。

さらには、ネタの反響がどう広がるかという「ギャンブル」に勝つために一日中、SNSを確認し続けることにもつながります。本人はSNSこそが自分の居場所と錯覚してしまいますが、これは単なる「依存」です( ページの図における❷の居場所としては、まったく機能していません)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

『居場所の無い』痛みは、コミュニケーションで何とかできる!

この連載について

初回を読む
自分の居場所はどこにある?

渡辺龍太

人は居場所が無いと、とにかくツラい。人によっては、ホストクラブに大金を貢いだり、犯罪に手を染めたり、あるいは、自殺する人もいる。その痛みを解消するために、参考になるのが『即興演劇論』だ。即興演劇の世界では、役者は台本も無いのに舞台に立...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kawac "自分の承認欲求を満たしたくてSNS中毒になる人は、私生活に何らかの不満があるものです" Oh... - 約1ヶ月前 replyretweetfavorite