中島英樹の、デザインが生まれるとき—「デザインのマジック」なんてない

写真にかかわる人の生の声を通して、写真表現の奥深さにふれるという目的のもと、毎月第一金曜日に代官山蔦屋書店で開催されているイベントが「写真を読む夜」。今回のゲストは、アート・ディレクターの中島英樹さん。写真家でこそないものの、広告デザインから写真集のデザインまで、写真にかかわる多くのデザインにたずさわり、国際的な評価を受けてきました。そんな中島さんですが、デザインには写真を良く見せる「マジック」のようなものはないと言います。多くの写真家から支持を受ける中島さんは、写真と写真にかかわるデザインに対してどのような気持ちで向き合っているのでしょうか?

デザインができることは限られている

毎月開いている会「写真を読む夜」ではたいてい、写真家をゲストに招く。写真表現の奥深さに写真家の生の声を通して直接ふれてみたい、というのがこの場でのねらいだから。

けれど実際、写真表現が成立するうえでは、写真家以外の力も大きい。とくに、アート・ディレクターまたはグラフィック・デザイナーと呼ばれる人たちは、重要な役割を果たす。

写真集や雑誌の誌面を発表の舞台に選んだ場合、写真をどんなかたち、どんな順番で見せるかに、アート・ディレクターは深く関与する。その手腕によって、写真はより輝きもするし、色あせてしまうことだってある。

今回登場願った中島英樹は、国内外で高い世評を集めるアート・ディレクター。雑誌「CUT」のデザインやYMOのCDジャケットデザインなど写真を扱った仕事は多数だし、佐内正史、川内倫子、藤代冥砂、野口里佳といった人気写真家の写真集、さらには篠山紀信や森山大道といった大御所の写真集デザインにも、数えきれないほどたずさわっている。


画面上から野口里佳『この星』、川内倫子『AILA』、春木麻衣子『dazaifu』


写真家から寄せられる信頼も、驚くほど厚い。作品のテイストを問わず多くの写真家が、写真集作りに臨むとき、いっしょに組みたい相手として中島の名を挙げる。「中島さんに写真を見てもらいたい、いつか写真集を作ってもらいたい」との一念で上京したのだという話を、今はすでに名を成している写真家から、直接聞いたこともある。

「いやでも、やっぱり自分は写真を撮る人じゃないからね。仕事を通してかかわっているというに過ぎない。だから、写真に対してやれることなんて、すごく限られている」

本人はそう言って、いきなり謙遜から話をはじめる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
写真を読む夜

山内宏泰

人気写真家たちに話を聞き、写真表現の奥深さに触れてもらいたい。そんな願いから、毎月第一金曜日に代官山蔦屋書店で開催されているイベントが「写真を読む夜」。美術、写真についての文章を多数発表するライターの山内宏泰さんが、第一線で活躍するカ...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

yhd56 #ymo #skmtnews 5年弱前 replyretweetfavorite