自分に甘い人は「普段の迷惑料」をまわりにギブしておけ!

人間にとって『居場所が無い』という痛みは非常に苦しく、時に、犯罪をしてでも、それを取り去ろうとする人もいます。例えば、英語も話せず、正規の仕事につけず、仲間もいないアメリカの若者は、ためらいつつも、『自分の居場所』を提供してくれるからマフィアに入る事も多いと言われています。『自分の居場所はどこにある?』は、放置すると恐ろしい『居場所の無い痛みの解消』について、深く考える連載です。

居場所づくりの盲点!人間関係トラブルへの考え方

居心地のよい居場所を見つけたと思っても、小さなトラブルをきっかけに人間関係が壊れてしまう経験は誰にでもあります。人間が集まれば、トラブルが絶えないのは当たり前のことですが、居場所づくりについて考えるとき、この人間関係のトラブルに関する視点がどうしても抜け落ちがちです。なるべくトラブルを起こさずに人間関係を構築し、維持しようと多くの人が考えますが、それこそが居場所づくりに失敗する人が陥る問題なのです。

トラブルを起こしたときに、それに対処して丸く収める能力が人にはあります。その力を蓄えることが居場所を心地よくする鍵となります。一般的には、自分が悪かったときはその非を認めて、しっかりと謝罪することがよいとされます。しかし、実は周囲に対して不快なことをしている可能性すらまったく自覚していないときにトラブルは起こるのです。

たとえば、遅刻の常習犯に対して怒りを覚えない人はいないはずです。珍しく遅刻してきた人であれば、「ごめん!」の一言ですべてが解決されることはあります。よほどのことがない限り、遅刻者も「ごめん!」の一言で、相手が許してくれると思っているはずです。

しかし、それが遅刻の常習犯であったら、待たされる方は毎回、自分の時間をテイクされ、それに対するギブが「ごめん!」の一言だけではバランスがとれないと感じるのも当然です。遅刻する側は、「仕方なく起こってしまったこと」と認識し、自分についつい甘くなりがちです。しかし、遅刻で待たされた側にとっては、よほどのことがない限り、正当な理由など何ひとつありません。

単なる遅刻が回数を重ねていくと、周囲は毎度のこと待たされて不満が募りに募り、激しく怒ったり、場合によっては縁を切るということもありえます。「小さなトラブル」を放置したために、居場所を失う人が少なくないことは念頭に入れる必要があります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

『居場所の無い』痛みは、コミュニケーションで何とかできる!

この連載について

初回を読む
自分の居場所はどこにある?

渡辺龍太

人は居場所が無いと、とにかくツラい。人によっては、ホストクラブに大金を貢いだり、犯罪に手を染めたり、あるいは、自殺する人もいる。その痛みを解消するために、参考になるのが『即興演劇論』だ。即興演劇の世界では、役者は台本も無いのに舞台に立...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

juni_ca_wa_ii まあ、気づきがないから自分に甘いんだけれどね。 9ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san 肝に銘じよう。 9ヶ月前 replyretweetfavorite

restart20141201 ゛「普段の迷惑料」として、彼なりのギブを私たちは常に受けています。゛ 文中に出てくるような無礼な人間と付き合う意味が分からない。そんな者から何かを受けたいと思わない。 https://t.co/8t6nWuE09n 9ヶ月前 replyretweetfavorite