ふたりが愛する『TVブロス』—木下拓海(編集者)【第4回】

中川淳一郎さんの連載「赤坂のカエル」の番外編、編集者・木下拓海さんとの対談は第4回です。最後はふたりがともに仕事をし、ふたり声を揃えて「編集者にとって日本一おもしろい雑誌」という『TVブロス』について語り合います。中川さんはなにを思い『TVブロス』の編集を辞めたのか。そして今編集に携わる木下さんはなにを思っているのか。中川×木下対談編、最終回です!

なぜ、中川は「ブロス」を辞めたのか?

木下 僕も以前から中川さんに聞いてみたいことがあったんです。中川さんが『TVブロス』からネットニュースの世界に移った理由って、表向きはクライアントに対する不祥事ってことになっていますけど、その気になれば「ブロス」を続けることもできたと思うんです。でも、結局、「ブロス」は辞めてしまったわけですよね。あれは、本当はどういう意図があったんですか?

中川 正直に言うと、雑誌の世界から広報に戻ろうと思ったんだよね。多分『TVブロス』は、編集者にとって日本で一番おもしろい雑誌だと思う。4年間ずっと作ってきて、「これ以上に面白い仕事は編集者としてはもうないだろうな」、と。たとえば、「ほかの雑誌の編集者をやってくれ」って言われても、間違いなく「ブロス」で味わったほどの満足感は得られないと思ったの。

木下 それは、僕も思う。絶対そうなりますよね。

中川 そう考えた場合に、このまま続けてやらせてもらうっていうのもありなんだけど、編集部にもっとおもしろい新しい編集者が入ったときに、オレは「ブロス」にとって必要なくなるだろうなとも思ったんだよね。だったら、別の方向に行くしかない。もともと自分はPR業界の仕事をしていたわけだから、そっちに戻ろうかなと。

— でも、突然「ブロス」を辞めて、無職になってしまうことへの抵抗はなかったんですか?

中川 当時、オレは編集者をやりながら、博報堂経由でPR会社の広報の仕事も結構やっていたんですよ。あとは某出版社の広報の仕事も毎月請け負っていた。「ブロス」をやっていた当時の年収はそうしたPR系や他の雑誌の仕事も合わせて850万円ぐらいだったんだけど、PR系の仕事だけを一生懸命やれば年収500万円ぐらいは稼げるんじゃないかと思っていたんです。だからスパっと「ブロス」を辞められたの。そんな汚い計算があったんだよ。

木下 それは汚いんですかね? すごく普通だと思うんですけど。

中川 汚いだろ、それは。だって、表向きは不祥事を理由に辞めていることになっているけど、本当は後ろ盾がある状態で辞めたわけだから。

「次は『奇面組』の特集でもやるの?」って思った

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
赤坂のカエル」番外編・カエルの青春

中川淳一郎

先日惜しまれながら最終回を迎えた、WEB編集者・中川淳一郎さんの連載「赤坂のカエル」が帰ってきました! 連載に登場した人物をゲストに迎え、ゲストの視点を交えながら当時を振り返ります。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

wsra 「多分『TVブロス』は、編集者にとって日本で一番おもしろい雑誌だと思う。4年間ずっと作ってきて、「これ以上に面白い仕事は編集者としてはもうないだろうな」、と。」 約3年前 replyretweetfavorite

hirofus これめちゃくちゃおもしろいな→ 4年以上前 replyretweetfavorite

hasex 木下「究極、単なる「水」とかが題材でも、多分おもしろいものを作れますよね。どうやっておもしろきこともなき世をおもしろがるか。」 4年以上前 replyretweetfavorite

kikka303 ナンシー関のイタコ見たいな https://t.co/csBFf13hRd 4年以上前 replyretweetfavorite