外国のユースホステルで、タダで飲み食いした裏技公開

人間にとって『居場所が無い』という痛みは非常に苦しく、時に、犯罪をしてでも、それを取り去ろうとする人もいます。例えば、英語も話せず、正規の仕事につけず、仲間もいないアメリカの若者は、ためらいつつも、『自分の居場所』を提供してくれるからマフィアに入る事も多いと言われています。『自分の居場所はどこにある?』は、放置すると恐ろしい『居場所の無い痛みの解消』について、深く考える連載です。

自分に興味を持ってくれる人にギブを集中投下

人から受け取るテイクは、自分では気づきにくいものです。ですから、できるだけ自分からのギブを増やす努力をすると、自分の見えていないテイクにも対応ができ、バランスが取れることが多くなります。これがギブがとても肝心な理由です。とはいえ、やみくもにギブをしていても非効率です。そこで、よいギブの方法をご紹介します。

ついつい、人は自分が興味を持った相手にギブをして、それが戻ってこないと悲しくなります。しかし、あなたが興味をもっていても、相手があなたに興味があるとは限らないので、そういう結果になる可能性をゼロにすることはできません。

しかし、自分に興味を持ってくれる人にギブを集中投下したら事情は変わります。ですから、あなたが興味を少しでも持てる相手であれば、相手のことを深く知ろうという姿勢でギブをし続けてみるのです。もちろん、すでに述べたように独りよがりのギブではなく、相手がほしいと思っているギブをすることが肝心です(これは「コンプリメント」、つまり「ありがとう」を集めるという感覚をイメージするとわかりやすいはずです)。

ちなみに、ここでいう「集中投下」は、特定の1、2人にギブを偏らせるという意味ではなく、そういった人に会ったときにはギブする習慣にするという意味なので、どうか誤解しないでください。

私はカリフォルニア州サンディエゴで1学期だけ学生として過ごし、数カ月ユースホステルに滞在したことがあります。滞在して2週間がすぎると、私はそのホステルで古株になり、新しく泊まる人に地元の観光名所などを尋ねられることも増え、そのときにギブを集中投下することにしました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

『居場所の無い』痛みは、コミュニケーションで何とかできる!

この連載について

初回を読む
自分の居場所はどこにある?

渡辺龍太

人は居場所が無いと、とにかくツラい。人によっては、ホストクラブに大金を貢いだり、犯罪に手を染めたり、あるいは、自殺する人もいる。その痛みを解消するために、参考になるのが『即興演劇論』だ。即興演劇の世界では、役者は台本も無いのに舞台に立...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

life_stylus ホステルは色んな客が食べ物や飲み物残していくので、飢える事は無いです😂 9ヶ月前 replyretweetfavorite

tokuyoshikeiji https://t.co/8b15ZHkn30 。oO(コ〜レもタイトルに語弊ありありのJARO案件棚〜すかもお役立ち感ありそで実は全くナッシンといふ有様=З ※個人の感想です #思っちゃったんだからしょうがない 9ヶ月前 replyretweetfavorite