桃山商事の恋バカ日誌

とりあえず進めちゃって」という軽率マインド

「失恋ホスト」として数々の恋愛相談を受けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」の3人が、さまざまな角度から恋バナ談義を繰り広げるこの連載。「恋愛と軽率」その3となる今回は、清田さんの“髪型ディス事件”や、軽い気持ちで「いいんじゃん」と返事して後悔したエピソードなどから、軽率が生じる背景について考えていきます。

清田代表の髪型ディス事件

【登場人物】

清田隆之
桃山商事・代表
1980年生まれの文筆業

森田雄飛
桃山商事・専務
同じく1980年生まれの会社員

ワッコ
桃山商事・係長
1987年生まれの会社員

清田 桃山商事の恋バナ連載、今月は「恋愛と軽率」について語っています。

森田 前回は、「相手のことをナメていると、軽率な言動をとりがち」という話になったよね。

ワッコ こっちのことナメてるなっていうのは、すぐに伝わってきますよね。

清田 ……これは前にこの連載でも書いたことがあるんだけど、俺、昔おつきあいしていた彼女にひどく軽率なことを言ってしまったことがありまして。

ワッコ ひょっとして“髪型ディス事件”ですか?

清田 そうです。その日、男友達数人で飲んでいるところに彼女が合流したんだよね。たまたま彼女は美容室に行った直後で、ショートボブっぽい髪型になっていた。

森田 イメチェン感があったってことだよね。

清田 うん。割とバッサリ切っていたんだけど、そこで俺は何を思ったか、「なんか、ちんちんみたいな髪型だね~(笑)」と言ってしまったんです……。

森田&ワッコ はあ(深いため息)。

森田 何度聞いてもひどい話だね。

清田 そしたら彼女はショックを受けて泣いてしまった……。

ワッコ うぅ、かわいそう……。確かに、その発言は軽率ですね。彼女のことナメてる感じがすごいある。

森田 髪型を変えた直後って、恋人や友達に見せるのが楽しみな反面、「似合ってるかな?」みたいなちょっと不安な気持ちもあるよね。そこで「ちんちん」って言われちゃったらさ……。

ワッコ しかも男友達の前でっていうのもタチ悪いですよね。ホモソの笑い者にされたって思っちゃいそうだし。

森田 「ひでーヤツだな、ゲラゲラゲラ」みたいなホモソ笑いね。地獄だよ。

清田 俺は彼女のことを「オモロイ人」って思ってたから、「二人の掛け合いで男たちを笑わしてやろうぜ」くらいの気持ちでポロっと言ってしまったんだよね。

森田 彼女にとっては、軽いノリで反応できるような言葉じゃないよね。

清田 そのくせ今は自分がちんちんみたいな髪型になっているという……。

ワッコ そういえば、わたしも一時期、ちんこみのある髪型をしてたことがあったんですよ。周りにはディックヘッドと呼ばれていました。

森田 ひっどいあだ名だな(笑)。

ワッコ わたしの場合は背が高いからか、見た目に関することでよくイジられがちで。リアクションのバリエやパターンがたくさんあるんです。ディックヘッドをイジられたら「この前までは赤黒かったんですよぉ~!!」ってボケ返すみたいな。ただ、そういうお決まりのくだりって、仲のいい人の前じゃないとできないかも。清田さんの彼女みたいにいきなり大勢の人の前で言われることを想像したら、結構つらいなぁ。

森田 なるほど。

清田 突然だし、びっくりするよね、そりゃ。

軽率だったトレーラーLINE

森田 散髪つながりでいうと、常連投稿者の“漁師の娘”さんが、元カレとのエピソードを教えてくれた。ちなみに娘さんはいつも前髪をパッツンに揃えた髪型をしていて、それがトレードマークみたいになっている。

清田 俺も前髪が揃ってるから、親近感しかない。

森田 その日、娘さんは美容室に行って、いつもの通り前髪パッツンにしたんだけど、長さは結構変えて、自分ではかなりいい感じに仕上がったと思ったんだって。それで美容室から彼氏に「髪切ったよ。美容師さんも絶賛! 超かわいくなった」とLINEした。

ワッコ トレーラー的なものを送ったわけですね

森田 そうそう、予告を送ったわけ。

清田 写真は送らなかったの?

森田 写真は会ってからのお楽しみってことで、翌日彼氏と会ったんだけど、なぜか彼はあからさまに不機嫌になったんだって。

ワッコ えっ? 何でですか?

森田 娘さんとしても「なんでだろう?」と思って聞いたら、彼は「俺さ、前髪は分けるとかわいいよって言ったじゃん。なのになんでまた前髪パッツンなの?」と。

清田 えええ!

森田 彼としては、「超かわいくなった」とLINEがきたから、てっきり自分のオススメを踏まえて切ったんだと思ったんだろうね。娘さんは「中分けは微妙だな」と思っていたから、彼のその意見は真剣に聞いてなくて、すっかり忘れてたみたい。

ワッコ  俺の言ったことより、美容師の言ったことの方が採用されてんじゃねーか!?……みたいなことですよね。にしても、彼女の髪型に対してイチャモンつけるその彼はどうかと思いますよ……。俺色に染まれ的でイヤだな~。

清田 俺も昔、蓮舫議員みたいな髪型にしたとき、当時お付き合いしていた人にめっちゃ微妙な顔をされてガーンってなったことがある。彼女からは常々、中分けの髪型にしてくれオーラを出されていたんだけど……。

森田 もちろんどんな髪型にするのも個人の自由だから、娘さんが前髪ぱっつんにしたこと自体は軽率でもなんでもないと思うんだよ。たださ、中分けをリクエストされていたこと」をすっかり忘れて、自分のテンションにまかせてLINEを送ったのは、ちょっと軽率じゃない?

清田 確かにその流れだったら、彼は娘さんのLINEを「(あなたのリクエスト通りにしたら)美容師さんも絶賛!」と受け取っちゃう可能性もなくはないか。

ワッコ うーん……確かにそう思うか。

清田 娘さんに落ち度はないと思うけど、不用意に期待値を上げてしまったという側面はあったのかもね。

森田 まあ、そこで不機嫌になるのはお話にならないくらいダメだと思うけど、彼のがっかりする気持ちだけはちょっとわかる。

清田 「あの流れでこの髪型なの?」って思ったんだろうね。

ワッコ トレーラーと本編が全然違う(笑)。

森田 全般的に彼の言動に問題があるから目立たないんだけど、漁師の娘さんにも軽率な面があったのではないかなと。

ワッコ 隠れ軽率ですね。この話って、普通にぱっと聞いただけだと「その男まじでイヤじゃない?」で終わっちゃう話な気がします。

清田 あと、「そもそも相手の話を真剣に聞いてなかった」っていうところもポイントだと思う。よく考えずに安請け合いしちゃって後で痛い目にあう、みたいなことに似てる気がする。

ワッコ それ、めっちゃありますよね。

森田 俺は妻からの提案に軽くOKを出して、後になって煮え切らない態度を取って怒られることがよくあります……特にお金関係のことが多くて、例えば旅行の計画を立てているときに、「宿はX万円くらいのとこでいい?」って言われて、「いいよ」と返事をする。で、しばらくして実際に提案されたら「ちょっと高くない?」と尻込みして、妻は「これくらいでいいって言ったから探してきたのに!」ともっともなことを言う……みたいな。

清田 わかる。リアルになって初めてちゃんと考えるって感じだよね。

森田 そうそう。最初からちゃんと考えろって話なんだけど。

清田 俺は仕事にシングルタスク状態になっていて、プライベートの検討案件にきちんと対応できないことが多いのよ。忙しい時に妻から何か提案されると、「とりあえず進めちゃって」という気持ちで「いいんじゃん」と答えて……後は森田が言ってたのと大体同じ流れになる。

ワッコ なんか、お二人とも随分受け身マインドですね……。

森田 や、ほんと、一番ダメなのはそこなんだよね。

清田 猛省しつつ、次回も引き続き「恋愛と軽率」について語っていきたいと思います!


予告編と本編が違っていたことに腹を立てる"漁師の娘"さんの彼氏

(次回は「恋愛と軽率 その4」をお届けします)

構成:森田雄飛
文:清田隆之・森田雄飛・ワッコ



この連載を元にした書籍『モテすべ』も好評発売中です!


桃山商事、ニコ生はじめたってよ!
ニコニコチャンネル
桃山商事の恋愛よももやまばなし


この連載について

初回を読む
桃山商事の恋バカ日誌

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事) /ワッコ(桃山商事)

2001年の結成以来、「失恋ホスト」として1000人以上の男女から恋のお悩みやエピソードを聞き続けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」がお届けする、新感覚の恋バナ談義。普段ほとんど語れることのない恋愛の様々なテーマを毎回ひとつ取り上げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

momowakko cakes連載、今回も罪の告白回の様相を呈しておりますが…何とぞよろしくお願いいたします🙇‍♂️ 軽率の十字架を背負い、真面目に精進してまいりたいと思います、、✝️ https://t.co/HWnnL6QGLo 6日前 replyretweetfavorite

momoyama_radio cakes連載、今回も罪の告白回の様相を呈しておりますが…何とぞよろしくお願いいたします🙇‍♂️ 軽率の十字架を背負い、真面目に精進してまいりたいと思います、、✝️ https://t.co/kQ46JbzLr1 6日前 replyretweetfavorite

granat_san 「とりあえず進めちゃって」……見るだけでイラッとくる言葉だなあ。 7日前 replyretweetfavorite