ピリピリした職場で『居場所が無い』と感じる4つの理由

人間にとって『居場所が無い』という痛みは非常に苦しく、時に、犯罪をしてまで、それを取り去ろうとする人もいます。例えば、英語も話せず、正規の仕事につけず、仲間もいないアメリカの若者は、ためらいつつも、『自分の居場所』を提供してくれるからマフィアに入る事も多いと言われています。『自分の居場所はどこにある?』は、放置すると恐ろしい『居場所の無い痛みの解消』について、深く考える連載です。

第1章 「居場所」とは何か?

あなたの正しい居場所を探そう

居場所がないという感覚は、「集団の中で自分の役割がわからず、とるべき行動が思いつかない状態」に陥ったときに発生することを、「はじめに」で述べました。逆にいうと、居場所を確保するには、集団の中にいるときに自分の役割を明らかにし、とるべき行動を明確にすることを意識すればいいということになります。

もし今、誰かから白い紙とペンを急に渡され、「今すぐ、自由に絵を描いてみてください」と言われたとしたら、どうでしょうか。おそらく非常に困惑し、「え?今ですか?」と聞き返すだけで精一杯の人がほとんどだと思います。その理由は、『お題』が自由すぎるので、何の絵をどうやって描くかという目的を瞬時に自分の中で設定できないからです。

しかし、もし動物のイラストの塗り絵と色鉛筆を渡されて、「何でもよいから、今すぐ色を塗ってみてください」と言われたら、全員ではないにしろ、多くの人がすぐに何らかの色を塗り始めることができるはずです。

実は人間にとって「自由」というのは、非常に居心地が悪いものです。何らかの『お題』があり、そこから自分が果たすべき役割(=達成すべき目的)を自分で見出してはじめて、人は自由に動けるようになります。

それは、即興の芝居の上だけでなく、台本のない人生でも同じで、自分にとって居心地のよい居場所には、自分に対する『お題』と、行動目的が明確に見える「役割」が必ずあるということです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載は、下記の本の内容が元になっています。

この連載について

初回を読む
自分の居場所はどこにある?

渡辺龍太

人は居場所が無いと、とにかくツラい。人によっては、ホストクラブに大金を貢いだり、犯罪に手を染めたり、あるいは、自殺する人もいる。その痛みを解消するために、参考になるのが『即興演劇論』だ。即興演劇の世界では、役者は台本も無いのに舞台に立...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

koziki33tukuyom 🀄ピリピリした職場で『居場所が無い』と感じる4つの理由 🈺 2019/09/27(6日前)3 🅰 #微視的 75日ぶり📈 🍎 #統計力学(4th/40) 🙋 #物理学_ 📡 #_cakes(429) https://t.co/XcvPBjkKfr 約1年前 replyretweetfavorite

abucham ピリピリした職場で『居場所が無い』と感じる4つの理由|渡辺龍太 @wr_ryota |自分の居場所はどこにある? 辞めた会社の職場の空気感がまんまこれで、正直トラウマ https://t.co/GRCPPXixxE 約1年前 replyretweetfavorite