関西弁の威力

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。最近では、バラエティ番組にも出演し、飾らず自然体で、実は、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな堀本さんの日常を切り取ったエッセイが連載開始! 

第3回目は、関西弁について。

関西弁はよく響く。

レストランや電車の中で、耳につく。

2人で話していて、1人が標準語だった場合、まるで1人で喋っているようにすら聞こえる。

関西の人はなぜか声が大きい。
そしてなんかドスを効かせる、文化?!

私は大阪でもわりと真ん中の地域で生まれ育ったいわゆる「コテコテ」です。
その環境が当たり前と思って、18歳まで過ごしてきました。

29年前、18歳でモデル業を専業とするため上京、一人暮らしを始めました。

まず、電車の中の静寂に戸惑い、「なんかあったんかな?逆に。」とか思っていました。

まだ、ダウンタウンも(夫も)大阪で活躍していた時代、モデル事務所からは「オーディションでは標準語で話すように。」と、指示を受けていました。

徐々に増えていく仕事のなかで会うモデルさん達の、なんとか細くふわふわした可愛らしい標準語!今思うとかなり恥ずかしいですが、ちょっと私もまねしてみたりしていました。

そしてどんどん時は流れ、テレビで関西弁をガンガン喋る人はほぼさんまさんだけだった時代から、ダウンタウンが台頭し、女性では久本雅美さんなどが大人気となり、テレビから関西弁が流れてくるのが日常的になりました。

今では、若いタレントさんや美しい女優さんまでもが、あえて関西弁を使ったりしています。

あれ?私、、、矯正させられたのに、今更「そっちの方が面白い。」みたいになってるやん。

なんでやねん!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

堀本陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。 最近では、バラエティ番組にも出演し、飾らず自然体で、実は、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな堀本さんの日常を切り取ったエッセイが連載開始!...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

minato_Shione #スマートニュース 約1ヶ月前 replyretweetfavorite