就活の​面接対策をめぐるウソとホント

デビュー30数年のSF作家がぶち当たった「AI時代の子どもの就活問題」。著者の就活での面接体験から、面接の達人へのインタビュー、わが子の言葉から、面接対策をめぐるウソとホントをまとめました。わが子と一緒にあたふたしていた作家の「就活生の母」としての体験記。

この道30年の面接のプロを困惑させた「はじめての就活面接」

わたしの生まれてはじめての就活面接は、もう時効だと思いますので書きますが、大阪府の教員採用試験でした。

面接官はこの道30年というプロ中のプロ。その方とわたしのやり取りはいつのまにか白熱してしまい、15分の面接が1時間以上伸びまして、まるで尋問のようなキビシイ取り調べになったのですが、わたしは耐え抜きました。いや、なんのため?

最後に尋問官、ではなく面接官が叫びました。

「わたしは面接官を30年やってきた。どんな学生も見抜けるという自信があった。しかし、きみという人間がわからない! まったくわからない!」

これがわたしの生まれてはじめての就活面接でした……。もちろん落ちましたとも!

面接中に明らかに空気が変わった瞬間がありましたので、面接官は、そのとき「落とす」と決めたのだと思います。わたしは、こんな面接になるとは想像もしてなかったので混乱しましたが、面接官のほうも困惑なさってたと思います。

わたしのあとで受けた人たちは一時間以上待たされて、お疲れになったにちがいありません。本当に迷惑をかけてしまいました。

その悲惨な面接後、わたしは急速に正しい面接の受け答えを学びまして、無事に面接に通るようになりました。

就活のルールを心得ておくのは、とても大事ですね……。

こんな失敗をする人が他にもいるとは思えませんが、本命の面接を受ける前は、何回かインターンシップや他社の面接を経験して、経験値をあげることをおすすめします。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

5人の中学生が「未来の仕事体験ツアー」に参加するストーリーから、将来の働き方を楽しく学べる話題の本!

この連載について

初回を読む
AI時代、SF作家が「子どもの就活」にぶち当たったら。

図子慧

年々変わり続ける就活戦線で、子どもをバックアップする親は、実は最大の味方で、敵――かもしれません。余計な世話を焼いて、就活生の崩れそうなメンタルに巨大鉄球をぶちかましているかもしれません。デビュー30数年のSF作家が、就活の嵐が吹き荒...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yukonyafu 大人の事情で(^_^;)文中イラストは図子先生にバトンタッチですがカラーキャッチイラストは継続ご使用頂いてます^_^ 本文内容はもちろん面白いので引き続き宜しくです^_−☆ https://t.co/vKO2rN7ikT 3ヶ月前 replyretweetfavorite

zusshy この回のケイクスは、自分の就活面接失敗話です。💀 #フォロワーの8割くらいが体験した事が無さそうな体験 https://t.co/IVIq3u3sPN 3ヶ月前 replyretweetfavorite