その3】知能や性格は親から受け継ぐものなのか?

【遺伝子検査で子どもの才能は分かる? 「遺伝」の素朴な疑問に回答!】

遺伝のホントを見詰めようとすると、素朴な疑問が湧いてくる。そもそも親子の遺伝はどうなっている? 遺伝子検査は信用できる? 行動遺伝学の専門家がそんな疑問に答えてくれる。

Q 知能や性格は親から受け継ぐ?

 子どもは親から遺伝子を受け継ぐ。だが、形質をどう受け継ぐかは偶然の組み合わせに左右される。そっくりそのままではない。

 まずは遺伝に関わる基本を押さえておこう。人間のDNAは、G(グアニン)など4種の核酸塩基が、30億個つながってできている。細胞内の核に収められたDNAを、1本の糸のように伸ばすと1メートルもの長さになる。

人間の23対の染色体。
ひとつながりのDNAの糸に、働きを支えるさまざまなタンパク質が結合して作られている

 この1メートルの糸の中に、遺伝子は約2万個ある。糸の所々に点在しているような格好だ。また、このDNAの糸は実際には1本ではなく、人間の場合、23本の糸に分かれている。これが染色体だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
学力、性格と「遺伝」のホント

週刊ダイヤモンド

学校の成績を例にとろう。その良しあしに、最も影響しているものは何か。親のしつけか、先生の教え方か、はたまたいい友人の存在か、要は本人の努力次第なのか。エビデンスに基づき、個人差に最も影響するのは、生まれながらの遺伝的素養だとするのが行...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード