その2】学力、性格の50%は遺伝要因だって?

【双生児の比較研究が示す遺伝のホント】

遺伝のホントを明らかにする双生児研究の世界をご紹介しよう。学力、性格のほか、発達障害、物質依存、問題行動などについても生まれつきの部分に大きく影響されることが分かってきた。

 行動遺伝学では「3原則」と名付けられたテーゼがある。

 第1原則「全ての行動は遺伝的である」(遺伝の普遍性)

 第2原則「家族が類似するのは環境が類似するからではない」(共有環境の希少性)

 第3原則「個人差の多くは一人一人に固有の環境による」(非共有環境の優越性)

 行動遺伝学でショッキングなのは、遺伝の普遍性だけではない。第2原則の共有環境の希少性も、親にとっては衝撃だ。親の子育ては、子どもの個人差、どう育つかにあまり影響していないというのである。

 なぜ、そういえるのか。行動遺伝学の根拠となるのは、双生児研究だ。創始者はチャールズ・ダーウィンのいとこでもあった、フランシス・ゴールトン(写真)である。

フランシス・ゴールトン(1822〜1911年)は、英国の遺伝学者。統計学の分野でも貢献したが、悪名高き「優生学」でも知られる。Photo:Mary Evans Picture Library/アフロ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
学力、性格と「遺伝」のホント

週刊ダイヤモンド

学校の成績を例にとろう。その良しあしに、最も影響しているものは何か。親のしつけか、先生の教え方か、はたまたいい友人の存在か、要は本人の努力次第なのか。エビデンスに基づき、個人差に最も影響するのは、生まれながらの遺伝的素養だとするのが行...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード