天才のつくり方

第21回】データサイエンスで目指すのは幸せの向上!?

楽天でデータサイエンスのチームを率いているという北川拓也さんに、茂木健一郎さんから「そこで、何を目指しているの?」との質問が。それに対し北川さんは、「大事なことは、根本的な幸せを向上させること」だと答えます。データと幸せはどう結びつくのでしょうか。

朝起きたら、楽しみなことが10個ある人生

茂木 そうそう、北川は楽天で何をしているの?

北川 データサイエンスのチームを率いて分析・研究をし、事業の具体的な戦略に落としています。詳しくは言えないのですが、ずっと言っているように、僕はやっぱり人間のemotion(感情)を理解したいんですよね。

茂木 感情って、分析してわかるものなのかな。

北川 そうですねえ……もちろん難しいところもありますが、わかる部分もあると思います。例えば人間はよくirrationality(不合理)に見える行動をとると言われます。半額で売っている洗剤を買うために、わざわざちょっと遠くのスーパーに出かけていき、帰りは疲れたからってタクシーに乗って帰ってくる、とかね。

茂木 それ、トータルで得してないじゃん(笑)。

北川 そうなんですけど(笑)、満足感はあるんですよ。そんなこともいろいろな切り口から分析することで、科学的に理解できるようになるのではないでしょうか。

茂木 なるほどね。

北川 「物を買う」という行為ひとつをとっても、何かが手に入るという所有欲を満たすだけでなく、Window shopping のように選んでいるだけでも満足感やワクワク感、お得感があったりと、いろいろな感情が動くんですよね。そういった、曖昧だけれども人生の中で重要な役割を占めてきた楽しみや幸せというのは、今まで思った以上に理解されてこなかった。だからそういうことを知っていくのが、僕は今とても楽しいです。

茂木 たしかに。おれはあんまり物を買うことや所有することに興味がないけれど、ショッピングがすごく好きな人っているもんね。楽天がデータサイエンスのチームを持つというのは、すごくいいことだと思うけど、そのチームがどういう哲学をもっているかというのは、一つ大事なポイントだと思うよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
天才のつくり方

茂木健一郎 /北川拓也

日本経済が停滞して久しい。一方で、アメリカではIT産業の新しい成功モデルがどんどん生まれている。この違いはどこにあるのか。 ここで登場するのが2人の天才。高校卒業後、8年間ハーバード大学で活動している理論物理学者・北川拓也。一方、1...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sadaaki このお二人、なんかすごく仲良くなってきてますよね。科学で幸せを向上させるには。 4年以上前 replyretweetfavorite

hexagoban 朝起きて、楽しみなことが幾つあるか? https://t.co/LYwa4cvxWO #統計 #データ #楽しみ #苦楽 #暮らし #幸福 #早起き #人生 #友達 #指標 #屈指 4年以上前 replyretweetfavorite

yaiask 13:51まで無料。買物にまつわる不合理を科学的に解明?あなたは朝起きて楽しみなこと、いくつありますか→データサイエンスで目指すのは幸せの向上!?|茂木健一郎 @kenichiromogi /北川拓也 @takuyakitagawa|https://t.co/izQ9PRb4Uw 4年以上前 replyretweetfavorite

gotoichi1003 得意なことで世の中の役に立つって大切なことだなぁと。→ 4年以上前 replyretweetfavorite