第9章それは「男の美学」なのか?|4支配欲としての「男らしさ」

サロメの性的なアピールは、彼にまさに「男らしく」あることを要求し、しかもその「重荷」に耐えられないことを以て、男性としての死亡宣告を突きつけるといった恐ろしいものではなかったかーー。平野啓一郎が、小説を除いて、ここ十年間で最も書きたかった『「カッコいい」とは何か』。7月16日発売の新書を全編連載。 「カッコいい」を考えることは、「いかに生きるべきか」を考えることだ。(平日毎日更新)


4支配欲としての「男らしさ」征服と支配

 さて、では、一体どうであると、性的な意味で「男らしい」と言えたのか?

 フランスで、この当時、「男らしさ」の教科書としてよく読まれていたのは、アルフレッド・デルヴォーの『現代好色辞典』である。その根本にあるのは、「男らしい男は女を『手にいれ』、言葉のあらゆる意味で『女をものにし』なければならない。つまり『女から快楽を味わい』、『女を利用し』、『女を言いなり』にさせなければならない」といった考え方である。それがつまり、少なくとも男同士の間では、「カッコよく」、お手柄自慢であったということを、コルバンは様々な具体的事例を挙げて説明している。

 デルヴォー流のセックスは、「射精の強さを促すと考えられていたある種の激しさと、交接行為の迅速さ」が重要で、その表現は、「仕切り壁をぶち破る」、「血だらけになるほどセックスする」、「金玉がひっくり返るほどヤる」、……と引用するのも憚られるほどである。激しければ激しいほど、早ければ早いほどいい、というわけで、女性からのセックスの巧拙の評価は一切考慮されていなかった。

 征服欲、支配欲がこうした「男らしさ」の目的なのか、それとも性的欲求不満の解消を自由に、好きな時に行うために、女性の征服と支配が必要だったのか、はたまた、その解消の仕方が支配的であることで征服欲が満たされたのか。……

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
カッコいい」とは何か

平野啓一郎

『マチネの終わりに』『ある男』を発表してきた平野啓一郎が、小説を除いて、ここ十年間で最も書きたかった『「カッコいい」とは何か』。7月16日発売の新書を全編連載。 「カッコいい」を考えることは「いかに生きるべきか」を考えることだ。(平日...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

guriswest 男よ。どんだけ弱いんだ。 2ヶ月前 replyretweetfavorite