第9章それは「男の美学」なのか?|5自信喪失する男たち

互いの同意の下で、喜びと共に行われるのであれば、セックスは魅力的な行為だと思うが、性欲自体、あるいは、セックスそのものが、まだそんなことしてるの?と、「カッコ悪い」と見做される日も、いずれは来るのかもしれないーー。平野啓一郎が、小説を除いて、ここ十年間で最も書きたかった『「カッコいい」とは何か』。7月16日発売の新書を全編連載。 「カッコいい」を考えることは、「いかに生きるべきか」を考えることだ。(平日毎日更新)


5自信喪失する男たち


「カッコ悪い」男の不安

 こうしたファロス中心主義に対する思想界からの批判は、夙に知られているが、他方で二〇世紀になると、粗雑な男女二形説ではなく、ホルモンや遺伝子の発見によって、性にまつわる科学が一変した。

「男らしさ」の根拠は勃起と精液ではなく、今やホルモンであり、男性ホルモンこそが「男らしさ」そのものとされるが、男性にも女性ホルモンが存在すると判明し、混乱が生じる。更に遺伝学によって染色体の違いが突き止められるが、「遺伝子の概念はホルモンの概念よりも抽象的だったので(ホルモン概念は体液に関する古い伝統のなかに反響を見出した)、ホルモンの場合のように学術的な教養から通俗的な表象へ拡散していくことはなかった」。

 また精神分析学の登場は、性的不能を偶発的な「しくじり」や性習慣に起因するものではなく、過去のトラウマ的体験と結びつけ、心因性のものとすることによって、主体の「男らしさ」に本質的なダメージを与えることとなる。

 更に、一九四八年に一万二千人もの男性に行った性の実態調査(『人間男性における性行動』、所謂「キンゼイ・レポート」)によって、マスターベーションがありふれたことで、特段、健康上の問題を引き起こさないこと、過度の性欲も不能を引き起こさないことなどが白日の下に数値化され、六六年に医師のウィリアム・マスターズと心理学者のヴァージニア・ジョンソンが、今度は男女両方に調査を行って『人間の性反応』を刊行すると、性科学の焦点は「オーガズム」へと移行した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
カッコいい」とは何か

平野啓一郎

『マチネの終わりに』『ある男』を発表してきた平野啓一郎が、小説を除いて、ここ十年間で最も書きたかった『「カッコいい」とは何か』。7月16日発売の新書を全編連載。 「カッコいい」を考えることは「いかに生きるべきか」を考えることだ。(平日...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

toe_hiro 可能性? 実際に面倒臭いですが https://t.co/bhG0mZmjl7 29日前 replyretweetfavorite