その1】あなたの能力は生まれながらに決まっている?

【「行動遺伝学」が教える最新の知見】

努力はうそをつかない。私たちは当然のことのように努力は美徳だとしている。さらに言えば、私たちの社会の根っこには「誰でもやればできる」という能力平等観があり、個人の能力の差は「努力の差」だと見なされがちだ。しかし、本当にそうか。

 努力はうそをつかない。私たちは当然のことのように努力は美徳だとしている。さらに言えば、私たちの社会の根っこには「誰でもやればできる」という能力平等観があり、個人の能力の差は「努力の差」だと見なされがちだ。

 しかし、本当にそうか。行動遺伝学という学問がある。さまざまな個人差が、そもそも「生まれながら」のものか、そうではなく環境などの要因によって影響を受けているのかを探る学問である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

学力、性格と「遺伝」のホント

週刊ダイヤモンド

学校の成績を例にとろう。その良しあしに、最も影響しているものは何か。親のしつけか、先生の教え方か、はたまたいい友人の存在か、要は本人の努力次第なのか。エビデンスに基づき、個人差に最も影響するのは、生まれながらの遺伝的素養だとするのが行...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード