ふわふわ、とろとろの食感がたまらない! ナスのシンプルスープ

本日ご紹介するのは旬の秋ナスをたっぷり使ったスープ。ナスの中身だけを使うことで、とろとろの食感になり、オリーブオイルとにんにくで炒めることで、ブイヨンなしでも想像以上の味わい深さに。仕上げに一振りした唐辛子がおいしさをいっそう引き立てます。

ナスの新しいおいしさを、シンプルな塩味で。

秋口に入ると、ナスは盛りから名残に入り、味わいもぐっと力強くなってきます。この時期のナスは、浅漬けやさっと炒めるより、スープで煮込むような調理法にぴったりなんです。今日はそんな秋ナスを使って、シンプルだけれど、これまで食べたことのないようなスープを作ります。

ナスのほかには、塩とオリーブオイル、にんにく。今回のスープに、皮は使いません。レンジで柔らかくしたナスの、中身だけを利用します。水を加える前のナスの状態で、すでにおいしく食べることもでき、数日の保存も可能です。

地味なスープに、赤唐辛子を一振りしたらぱっと鮮やか。とろとろ、ふわふわのナスの食感が新鮮で、ひとり2個では足りないかもしれません。まだ暑いうちは、冷たく冷やしてもよいものです。


ナスのシンプルスープ

材料(2人分) 所要時間15分 ※ナスをさます時間は除く

ナス 4本
にんにく 1片
オリーブオイル 大さじ1
塩 小さじ1弱
赤唐辛子(一味) 少々
水 400mL

作り方
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

スープ・レッスン

有賀 薫
プレジデント社
2018-09-27

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

鍋ひとつ皿一枚で作って食べられる、簡単で失敗しにくく作り置きがきく、朝や夜遅くに食べても体に負担がかかりにくい……作る、食べる、両面において楽なスープは、忙しくて充実した食事がとれないと悩む人にぴったりの料理です。旬の野菜をたっぷり食...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

HarumaRen 有賀薫 @kaorun6 さんのこのナスのスープ作ったけれど旨かったー! https://t.co/96Pp9iu9kG 23日前 replyretweetfavorite

yriica ナス、買ってこよう… 4ヶ月前 replyretweetfavorite

kaorun6 ナスの下ごしらえはこのやり方で。この前紹介したゴロッとしたナスとはまた違う魅力です。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

mochi_tousta 今晩はこれ https://t.co/W47U4bDpTh 4ヶ月前 replyretweetfavorite