酒のつまみにぴったり!にんにくが食欲をそそる「カリカリにんにくとイワシのトマトフジッリ」

真夏のイワシシリーズは第5回。とはいえ、9月になって少しずつ涼しくなったのにあわせて、今回はフジッリを使った温かいパスタをご紹介。ポイントはカリカリにしたにんにく、ぜひお試しください!

cakes読者のみなさま、こんにちは。

イベントフルな8月は終わり、さあ通常営業モードの9月へ。残暑の濃度は日を追うごとにみるみる薄まって、季節の移り変わりを実感できる毎日。夜のクーラーも、そろそろいらないかな。どうだろう。

わが家、昨晩は夕飯にうどんを茹でました。まだ暑さも残ってるし、今日も冷たい麺で楽しもうかなと流水で麺をがんがん揉み洗いしていたら、うちの小学生、冷たいのはもういいよー、あったかいうどんが食べたいなと言い出しまして。え、もう? まだ早くないかい!? と思いつつ、わかめと揚げ玉と豚しゃぶしゃぶを添えた冷しうどんの予定を、急きょおつゆを作って、あったかいうどんに変更(具はそのままでも問題なしで助かったー)。同時に、私の脳内食堂に貼ってあった「冷やしうどん、はじめました」の張り紙は、こうやって突然に、しかしきっぱりと、常連の一言で片づけられることになりました。冷たい麺、アディオス!

そんなわけで残暑のイワシ缶レシピ、今回は温かいパスタです。7月の「イワシのしょうがたっぷり冷や汁」のときに少し触れた、オイルサーディン缶に残る栄養が詰まったオイルがもったいない問題を解消すべく、これを使います。このオイルは、イワシなど青魚の魚油成分に豊富なEPAやDHAが詰まっています。脳の神経伝達をスムーズにしたり、血管をしなやかにして老廃物を輩出しやすくしたりと、身体が喜ぶ成分が含まれているから本当は捨てずに使いたい。それには、パスタのソースとしようというレシピです。そう、オイル系のパスタを作るとき、私はオイルをソースの重要なだし的要素と考えているので、結構たっぷり使います。

では、オイルサーディンを使ってパパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

真夏のイワシシリーズ⑤「カリカリにんにくとイワシのトマトフジッリ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

iamacutefrog これも気になる 10日前 replyretweetfavorite

bbush_517 ワインは冷えた🍷 トマトブリッジ作る🍅 11日前 replyretweetfavorite

daikix 写真も本文もフジッリなのになぜ見出しがペンネなん! #だって気になる 12日前 replyretweetfavorite