サラリーマンはかっこいい!—写真家・青山裕企インタビュー後編

cakesで「彼女写真」を連載中の写真家・青山裕企さんインタビューの後編。サラリーマンがジャンプした瞬間を切り取る「ソラリーマン」シリーズの誕生から3年。後編ではいよいよ「ソラリーマン」誕生の裏側から今後の方向性にまで話が及びます。青山さんが「ソラリーマン」を撮り続ける裏側には、「周りの人を元気にしたい」という一貫した願いがありました。

父のすごさを伝えたい!

加藤貞顕(以下、加藤) 青山さんがジャンプ写真を撮り続けてきた理由はわかったのですが、そのなかで、サラリーマンを題材にしようと思ったきっかけは何だったんでしょうか?

青山裕企(以下、青山) 亡くなった父親がサラリーマンだったんですよ。初めてジャンプ写真の個展をやった翌月(2006年1月)に、父親が倒れたんです。すぐに名古屋に帰って看病したんですけど、3週間ぐらいで亡くなってしまって……。

加藤 お父さんは、どんなお仕事をされていたんですか?

青山 トヨタ車の販売店で車の営業をしていました。でも僕は、父親が亡くなるまでどういう仕事をしていたのか全く知らなかったんですよ。仲は良かったし話もしていましたけど、父の仕事にはあんまり興味がなかった。
 葬儀に会社の方がたくさん来て僕の知らないエピソードを洪水のように話してくれて初めて、父親の仕事ぶりといかに多くの人に慕われていたかを知りました。

加藤 それで、サラリーマンに対する見方が変わったんですね。

青山 そうですね。僕は写真の道で生きていくと決めていたから就活も全くしなかったし、もしかしたらサラリーマンみたいにはなりたくないなんて意識があったのかもしれない。でも父親の死で、そういったイメージが完璧に変わりましたね。サラリーマンってすごいな、って。

加藤 その気持ちが「ソラリーマン」を撮ることにつながったと。

青山 そうです。その後はもう、自分の知っているサラリーマン全員に声をかけるぐらいの勢いで撮りまくっていました。当時の気持ちを論理的に説明するのは難しいんですけど、とにかくいてもたってもいられなかったんです。

加藤 お父さんに対するいろいろな思いが募っていたんでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
カメラで日本をちょっと明るく

青山裕企

cakesオープン当初から「彼女写真」を連載している青山裕企さんは、代表作『スクールガール・コンプレックス』が映画になるなど、ますます大忙し。そんな青山さんに、カメラマンとしての原点となったサラリーマンがジャンプした瞬間を収めた写真集...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

yukiao 【int02 2013.10】 以前受けたインタビューを定期的にピックアップしていきます。 11ヶ月前 replyretweetfavorite

abeshow ソラリーマンとその娘さんの写真、めっちゃいい。 http://t.co/n6vanHxgdi 5年弱前 replyretweetfavorite