母の言うことが謎すぎます

今回、牧村さんのもとには「母親に何を相談しても否定される」という方からのお悩みが届きました。やりたいことを他人に否定された経験は誰しもあるはず。では、なぜ人は人を否定するのでしょうか? 牧村さんは相談者さんに優しく寄り添いながら、同時にお母さん側の気持ちも考えていきます。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

「これをやろうかなって思うんだ」

って話したら、

「え~、そんなの○○だよ?」

なんか否定された。

って経験、あなたにも、あるでしょうか。

わたしにもあります。いっぱいあります。いい気持ちはしないですよね。けどなんか内心、「はい、どうもありがと」って思うことにしてます。

他人からの否定って、自分の気持ちを試すのにちょうどよく使えるんですよ。自分がなんとなく「やろうかな~」って思い始めたことが、本当にやりたいことなのか、なんとなく思ってる程度のことなのか、他人に否定されてみるとよくわかるので。

「留学してみようと思うんだよね!」

「ええ~? その歳から~?」

「ベッカムヘアにしてみようと思うんだよね!」

「ええ~? 今~?」

こうやって否定されてみて、腹が立つのは、本当にやりたいって証拠なんですよ。その腹立ちを腹で燃やして、それでもやってやるぜってエネルギーに変えればいい。周囲に留学を反対されたことはいつか自分の留学記のプロローグに使ってやるぜって思えばいいし、確かにベッカムヘアの流行は終わってるしサッカー選手としてのベッカムも引退してるけどそれでもベッカムという人間を俺は推し続けるぜ!って刈って撮ってインスタにアップしてデヴィッド・ベッカム公式インスタアカウントに@つけてもいい。否定された怒りのエネルギーを炎に変えて、やってやればいいんですよ。決めていることならね。

だけど、こういう否定を、(1)自分だけではなかなか決断をさせてもらえない未成年期に(2)保護者から浴び続けることって、けっこう地味~にキツかったりするでしょ。たまりにたまって「やってやるぜ!」の爆発力につなげられることも、それはそれであるんだけど……

「こうやって言ってあげるのはお母さんがあなたを思ってのことなのよ?」

「そうなのかあ……(もやもやほわわん)」

「お母さんがあなたを生んだの。お母さんはなんでも知ってるんだからね?」

「そうなのかあ……(もやもやほわわん)」

燃え上がりかけた何かを、あたたかぁ~く なまぬるぅ~く もやもやほわわぁんって包み込まれ、そっとやさしく常温に戻されてしまう。

結果、全知全能の母に抱かれてぼくは何もできない。

ママぁ~。

……そんな状況、やさしくホラーでしょ。

周囲に相談してもやっぱり同じこと繰り返されちゃったりするしね。「お母さんは心配してくれてるんだよ~」「そんなに自分のことを考えてくれるのって、やっぱり母親だからだよ?」「母の愛だね~」とかなんとか言われてね。

包み込んでくるやさしい腕の中で動けないまま考える。

「もしかしてこれ、お母さんはわたしを抱きしめてるんじゃなくて、わたしに……いや、“わたしの子”という概念にしがみついているのでは?」

ということで今回は、「やさし~く包み込んでくるママと、その腕の外に出たくなった子の向き合い方」の話です。さっそくご投稿をご紹介します。

牧村さん、こんにちは。

まずは、私は高校上がりの新米大学生です。

高校時代、何度かショートヘアにしようと模索していたのですが、突然イメチェンするのは恥ずかしくて断念していました。

そこで、ついに大学生になり、「あ、ショートにできるじゃん」と思い、似合うかどうか、母に意見を聞いて見ました。


そしたら母に、「男の子みたいな見た目になっちゃうよ。」って言われました。

ん??? それの何がダメなんでしょうか?(笑)

思えば、過去に、私が警察官を志願したいと母に相談したところ、「レズビアンがいっぱいいるよ」と言われたのを思い出しました。

母はLGBTに理解があると言いながら、しれっと謎理論を言ったりのでよくわからないです。 さらに思い返せば、昔、国際結婚やデキ婚の批判をしていたのですが、彼女自身も外国人男性と授かり婚をして、兄と私を産みました。 母も大学生の頃はショートだったようなのですが、経験から言ってるものなのでしょうか? 言うことが謎すぎます。 ご意見がもらえると嬉しいです。

(ご投稿の全文を掲載しました)


はい、ご投稿ありがとうございます。じゃあ、まずはね、腹の底から、この一言を申し上げたいと思います。いきますよ。さん、はい、

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

3839Ay それぞれの生きてきた道を思いながら、今度は“お母さんの意見を聞く”より一歩先のコミュニケーションを試みてもいいかもしれないですね。 「わたしは、これだからこう思うんだ。お母さんは“どうして”そう思うの?」 https://t.co/anYH0YxqIj 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

miso35miso 「あなたのためを思ってるからこう言うのよ〜」という優しい過干渉ママにモヤモヤしてたor現在進行形でしてる人は読むべし↓↓ 2ヶ月前 replyretweetfavorite

piaf7688 あるあるある! うちもこう! 特に最近は相談じゃなく何話しかけても否定される感じ! 早く… https://t.co/j69da9fGgc 2ヶ月前 replyretweetfavorite

makimuuuuuu 「なにかするたびに母親が、否定……まではいかないんだけどなんかこうやんわり言ってくる」という話です https://t.co/BBH546VUWk https://t.co/ocPYKaBOSc 2ヶ月前 replyretweetfavorite