わかる日本書紀① 神々と英雄の時代

ミッション→偽りの愛をもって敵の娘を手中に収めよ【第十二代⑤】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した『わかる日本書紀① 神々と英雄の時代』から、日本の正史を学ぶ連載。

景行天皇、熊襲(くまそ)を討ち、九州を巡幸①

十二月五日、熊襲(くまそ)を討つことを協議しました。このとき天皇は、臣下たちにこう詔しました。
「聞くところによると、襲国(そのくに)※1に、アツカヤ(厚鹿文)、サカヤ(迮鹿文)という二人の熊襲の首領がいて、熊襲の八十梟帥(やそたける)と呼ばれる大勢の徒党を従えている。その勢いは当たるところ敵なしと聞く。少ない兵ではとても滅ぼすことはできないだろう。しかし、大軍を動かせば民の害になる。なんとか武力に頼らず居ながらにしてその国を平定できないだろうか」

すると一人の臣が進言しました。
クマソタケル(熊襲梟帥)※2には二人の娘がおります。姉をイチフカヤ(市乾鹿文)といい、妹をイチカヤ(市鹿文)といいます。容姿はまことに端正ですが、心は雄々しい娘です。高価な贈り物をして、仮の宮にお招きなさいませ。そしてクマソタケルの消息を聞き出し不意を突けば、全く刃を血塗らずに敵は必ず敗れるでしょう」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る一冊。

マンガ遊訳 日本を読もう わかる日本書紀1 神々と英雄の時代

村上 ナッツ,村田 右富実,つだ ゆみ
西日本出版社
2018-12-18

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀① 神々と英雄の時代

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません