AI時代に勝つ子・負ける子#9】AI時代に必須の能力、達人はこう見る

デジタル化がいっそう進む中、子どものうちからどんな能力を磨けばいいのか。3人の専門家に聞いた。

 デジタル化がいっそう進む中、子どものうちからどんな能力を磨けばいいのか。3人の専門家に聞いた。
(聞き手/本誌・井下健悟、林 哲矢)

決める力や発想力を子どもの頃から育む

 世の中にはいろいろな仕事があるが、明確なルールがあって定型的な仕組みを作れるものは、これからどんどんAIやロボットに代替されていくのだろう。逆に、新商品や新しいビジネスを作るなどの不定型な活動は、人間の仕事として存在し続ける。

 機械でも新商品のアイデアは出せるが、全体観を持っていろいろな人たちと協力し、1つの形を作り上げるのは人にしかできない。こうしたときに問われるのは、試行錯誤する力だ。新商品の開発に限らず、答えがない新しい取り組みでは、何度も試して、失敗し、また別の方策を考えるというプロセスを繰り返す。知らないところへ突っ込むことを子どもたちだけでなく、日本人の多くが怖がる。そこで必要になるのは決める力や発想力だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません