峰なゆか・後編「地層ができるほどの汚部屋からの卒業」

中学時代、一度マンガを描くことを諦めた峰なゆかさん。ずっと捨てられずにとってあったマンガ道具一式を捨てた時、新しいマンガ家としての道が開けました。男と女の腹の中を暴き出す、自意識恋愛マンガ『アラサーちゃん』は、どんなふうに描かれているのでしょうか。壮絶な汚部屋時代のエピソードも必読です。

 ワープアコースから逃れるために、またマンガを描こうと思った

— 高校生からヤリマンデビューをして、中学まで描いていたマンガをやめてしまった峰さんが、「アラサーちゃん」というマンガを描こうと思ったのはどういうきっかけだったのですか?

アラサーちゃん 無修正1
アラサーちゃん 無修正1

峰なゆか(以下、峰) 2010年頃、AV女優を卒業してからフリーでライターをしていたのですが、ライターの仕事で食っていくのに限界を感じてたんですよね。文章を書くのが遅いから量産もできないし、これは完全にワープアコースだなと。で、文章プラスちょっとイラストがついたコラムが書けたほうが、編集さんからしても使い勝手がいいかなと思ったんです。

— おお、「マンガ描きたい!」とかではなく、仕事の一つとしてとても現実的に考えていらっしゃったんですね。

 そうですよ。マンガのほうが連載も単行本化しやすいよな、とかいろいろカネのことを考えてました。それで、25歳で私もアラサーの仲間入りだし、と思って『アラサーちゃん』というマンガをブログで描き始めたんです。

— こういう男女の心の機微にまつわる四コマにしようと思ったのは?

 その頃は、ライターとしてはエロ系の記事の依頼ばかりでした。エロについて書くのは好きなんですけど、でも心のなかでは、「私、恋愛のことも書けるし! モテテクとかも知ってるし!」って思っていたんです。だから、芸の幅をアピールするという営業活動としての意味合いもありました。

— またマンガを描くとなって、まずは道具を揃えて、ということから始めたんですか?

 いや、コピー用紙にとりあえず家にあったペンで描きました。もともと、いつかマンガを描こうと思って、Gペンとか原稿用紙とかスクリーントーンとか、ずっととってあったんです。「中学生の頃マンガ家を目指してた人あるある」なんですけど、蝶とか羽根とか、すごい変な柄のスクリーントーンばっかり持ってたんですよね(笑)。

— 普通のマンガではほぼ使わないような(笑)。

 で、掃除をしてた時にそれを見つけて痛々しい気持ちになって、「さすがに、もう描かねえな」と捨てたんです。そうしたら、なんか気が楽になって、そのあとすぐアラサーちゃんを描くことができました。それまでとらわれていた「マンガというのは、まずプロットをつくって、ネームを描いて……」みたいなしばりがとけて、コピー用紙にボールペンで描いてもいいんだ、というふうに思えたんですよ。

— 中学生までは、いわゆる少女漫画っぽい絵を描かれてたんですよね? そこからアラサーちゃんの絵柄になったのは、どういう変化が?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
クリエイターズ・デスク

cakes編集部

あの独創的な仕事をしている人の机は、一体どうなっているの!?――そんな疑問や好奇心に応える連載が「クリエイターズ・デスク」。それぞれの分野で活躍しているクリエイターの机を覗かせてもらい、その仕事のスタイルについてもこってりお話をうかが...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

guruxguru2 いろいろすごい。 >>  約4年前 replyretweetfavorite

fujinejima 話の中で感じた違和感から人がアピールしたかったことを推測する−そんなネタ作りの所がオモシロイ。そこにコンプレックスとかが隠されてると。→ 約5年前 replyretweetfavorite

minenayuka 急げ! 13時16分まで無料で全部読めるインタビューだよ! アラサーちゃんを描くに至った経緯、汚部屋時代のことなど。「地層ができるほどの汚部屋からの卒業」| 約5年前 replyretweetfavorite

alchmistonpuku 思った通り素敵な部屋だった(早く読まんと購読料をとられます) 約5年前 replyretweetfavorite