峰なゆか・ 前編「ダサいは罪! 使い勝手が悪かろうと、アンティークの机は譲れない」

独創的な仕事をしているクリエイターの机を見せてもらいにいく本連載。今回は、AV女優から売れっ子マンガ家へ転身した、峰なゆかさんの登場です。自宅兼仕事場にうかがうと、そこにはなぜかガラス張りのお風呂が……? マンガの描き方から、マンガ家志望だった小中学生の頃、ヤリマンだった高校時代、田舎でひとりサブカル活動をしていた過去、現在の彼氏の話まで、『アラサーちゃん』を描くにいたる軌跡を追いました。

食卓で仕事をして、原稿に油染みがついていたあの頃

アラサーちゃん 無修正1
アラサーちゃん 無修正1

— おじゃまします……おお、素敵なお部屋!

峰なゆか(以下、峰) ありがとうございます。この部屋は、まず写真を見て「お風呂丸出しじゃん、ウケる」と思って内見を申し込んだんですよ。

— たしかに、お風呂がガラス張りですね。

 写真を見た時は、全面ガラスで覆われているんだろうと思ってたんですよね。でも実際見たら、横が開いてるから湿気も水もダダ漏れだし、浴槽の下は普通の木材で濡れっぱなしにしてたら腐りそう。「これはヤバい、ウケる」と思って、気がついたら借りてましたね。

— それは(笑)。しかし、不便かもしれませんが、めちゃくちゃおしゃれですね。

 ダサいのは罪だと思ってますから。わけのわからないアイボリーみたいな壁紙とか、安っぽいプラスチックの洗面台とか、ほんっとにダメなんです。

— ああ……賃貸で家を探すとよくありますよね。

 もともとインテリアのセンスがある人なら、ショボい賃貸でもおしゃれに家具を配置しておしゃれ部屋にできるんでしょうけど、私の場合インテリアのセンスがないのでまず箱がダサいとダサい部屋にしかならないことに気付いたんですよ。そこでそれこそ風呂が丸出しとか、そういうガツンとおしゃれ要素のある部屋に無難な家具を置いてなんとなくおしゃれ感を演出するという方法に辿り着きました。すごくおしゃれじゃなくてもいいので、せめてダサくない空間にいたいと思っています。とにかく、ダサいのだけはやめてくれ!

— ここは仕事部屋も兼ねているんですか?

 はい。『アラサーちゃん』を描き始めた頃は、仕事机すらなくて、ダイニングテーブルで描いてたんですよ。だから、ごはんのたびに道具を片付けなきゃいけないし、またマンガ描こうと思って原稿を広げるとテーブルに残ってた油染みがぱーっとついたりして、ちょっとつらかった(笑)。仕事部屋じゃなくていいから、せめて仕事机が欲しいと思っていました。今はちゃんと、仕事机で描いてます。

アラサーちゃん (ダ・ヴィンチブックス)
アラサーちゃん (ダ・ヴィンチブックス)

— こちらですね。ちょっと変わった机ですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
クリエイターズ・デスク

cakes編集部

あの独創的な仕事をしている人の机は、一体どうなっているの!?――そんな疑問や好奇心に応える連載が「クリエイターズ・デスク」。それぞれの分野で活躍しているクリエイターの机を覗かせてもらい、その仕事のスタイルについてもこってりお話をうかが...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Ryoii1014 へぇーなるほど。 つき抜けすぎててかっこいい 4ヶ月前 replyretweetfavorite

PredatorRat @tamaruhiroshi 2面窓ってすごいよな~ 本多さん一家はあんな普通な感じなのに、そんな風呂に入ってるなんて… ギャップすごすぎ 我々の風呂場は外から見えない壁で囲みましょう 峰さんの家の風呂もすごいので見て欲しい! https://t.co/eFQ5zhOIKO 3年弱前 replyretweetfavorite

okfringe 言えてる!>もともとインテリアのセンスがある人なら、ショボい賃貸でもおしゃれに家具を配置しておしゃれ部屋にできるんでしょうけど、私の場合インテリアのセンスがないのでまず箱がダサいとダサい部屋にしかならない https://t.co/wgHnFz603x 4年以上前 replyretweetfavorite

yaiask で会田誠さんが「お尻が蒸れないように座面はメッシュ素材がいい」と言い、と言っているのが対比になってるな 5年弱前 replyretweetfavorite