やはり、日本は一君を仰ぐべしとお思いか」|気宇壮大(四) 1

豪腕作家として知られる伊東潤が描く、大隈重信の成長譚!
早稲田大学の創始者で、内閣総理大臣を2度務めた大隈重信という男はどのような人物だったのか?
幕末の佐賀藩に生まれ、明治期に藩閥政治から立憲・政党政治への道筋を切り拓いた男の思想と生涯とは。
青年期から最晩年まで、「走る人」「闘う人」「創る人」「聞く人」として駆け抜けた、
令和版大隈像をお楽しみください。

 佐賀城下の南に梅林庵という小さな寺がある。そこで五月二十五日、義祭同盟による楠公祭が行われた。

 この寺には古くから楠木正成・正行の木像が祀られており、国学者の枝吉神陽は「楠木父子の尊皇の志を今に伝える」べく嘉永三年(一八五〇)からこの祭祀を行っている。ちなみに安政元年(一八五四)からは参加者が増えたため、木像を龍造寺八幡宮の祠堂に移し、その境内で行われることになる。

 ちなみに五月二十五日は楠木正成の命日にあたる。

 今年で六回目となるこの催しに、初めて大隈は参加した。これまでも義祭同盟に出入りはしていたが、十八歳になり、ようやく加盟を許されたのだ。しかも鍋島安房を参加させたことで一躍、大隈は注目を集めることになる。

 また、あの騒ぎで大隈の友人となった坂本文悦も、大隈に誘われて参加するようになる。

 この時の参加者は二十八人で、四十三歳の安房を筆頭に、主宰者で三十四歳の神陽、同い年の島団右衛門(後の義勇)、島の実弟で三十二歳の重松基右衛門、二十四歳の大木民平(後の喬任)、二十二歳の江藤新平、二十一歳の中野方蔵らが参加していた。神陽の次弟で二十八歳の二郎(後の副島種臣)は、藩命で京都に留学中のため参加できなかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
威風堂々 幕末佐賀風雲録

伊東潤

豪腕作家として知られる伊東潤が描く、大隈重信の成長譚! 早稲田大学の創始者で、内閣総理大臣を2度務めた大隈重信という男は どのような人物だったのか? 幕末の佐賀藩に生まれ、 明治期に藩閥政治から立憲・政党政治への道筋を切...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kumabouroMM https://t.co/XGPTmpOfXA 約2ヶ月前 replyretweetfavorite