AI時代に勝つ子・負ける子#4】教育現場に迫る2020年問題 大学入試も学習指導要領も激変

教育の大改革が迫っている。2020年度に文部科学省は、大学入試制度を40年ぶりに改変し、並行して学習指導要領を10年ぶりに改訂する。

 教育の大改革が迫っている。2020年度に文部科学省は、大学入試制度を40年ぶりに改変し、並行して学習指導要領を10年ぶりに改訂する。

 人間の学力を「①知識・技能」「②思考力・判断力・表現力」「③主体性」の三つに分けたとき、AIやロボットが得意な能力は①だ。知識の習得や定型的な技能の反復学習に重点があった20世紀型の教育を続けると、人間がAIに代替される可能性は高い。AIの苦手な②や③こそが、将来にわたって人間が身に付けるべき力となる。

 文科大臣補佐官で教育改革に長年携わってきた鈴木寛氏は、「学習指導要領改訂の中核は読解力だ」と言う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません