企業のSNSアカウントを育てるのは「面白い投稿」ではなく「基本情報の投稿」

いまや多くの企業でTwitterやInstagramなどのSNSアカウントを運用する動きが当たり前になっています。そして発信力・影響力のあるアカウントにするために、「面白い投稿」をしなければならないと考えている担当者も多いとか。国内の美術館で随一のフォロワー数を誇る森美術館のSNSアカウントでは、それよりも展覧会の説明や開館時間のお知らせなど「基本情報の投稿」を大切にしているそうです。その考え方をSNS担当の洞田貫晋一朗さんが書いた『シェアする美術』から紹介します。

求められているのは「面白い投稿」ではない

この見出しを見て、「なぜ?」と思われるかもしれません。

セミナーや講演で出会う企業の担当者から、いろいろ質問を受けますが、これがSNS運用の最重要テーマだと思っている人がどれだけ多いことか。確かに、自分が管理するアカウントを「発信力のある強いSNSアカウント」にするには、毎日の投稿内容が大事です。しかしみなさん、そこでつまずいてしまうようです。

1つ目は、面白いネタがない、どんなことを投稿すればよいかわからない……。こうして投稿が止まってしまうパターン。

2つ目は、面白いと思って投稿したが、意外にもまったく反応を得られない、拡散されない、という悩みです。

改めて森美術館の投稿をご覧いただきたいのですが、「面白いこと」を言っているか、と聞かれれば、そこまで面白いことは言っていません。主な投稿内容は、展覧会と作品の紹介、イベントの情報、施設の情報など。ほとんどが基本的なことばかりです。

面白い投稿ネタなんて、簡単に転がっているものではありません。そのうえ「これは面白いだろう」と、ここぞとばかりに狙ったネタは、たいていユーザーに見抜かれて、反応もなく静かにスベります。あとから見直したときに、「異質な投稿」としてタイムラインに残るリスクが高い。もちろん、「中の人」に強力な笑いのセンスがある場合や、鉄の心臓があれば別ですが……。

それよりも私が心がけているのは、「基本情報をきちんと伝えていくこと」です。「こんなこと、投稿しても仕方ないかな」と躊躇するような些細なことでも、きちんとSNS上に置いておく。

具体例を挙げると、毎週金曜日の夜に「週末のおでかけは森美術館へ」という投稿をしています。投稿の内容は、展覧会の基本情報やトレイラーです。文字通り、週末の「おでかけ」先を検討いただく際の、選考材料にしてもらうためのお知らせ投稿です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2018年の美術展覧会「入場者数」1位・2位を獲得した秘密がここにある

この連載について

初回を読む
シェアする美術 森美術館のSNSマーケティング戦略

洞田貫晋一朗

森美術館のSNS運用を手掛ける洞田貫晋一朗さんの著書『シェアする美術』から、全12回にわたって連載形式で本の中身を紹介します。国内の美術館では随一のフォロワー数を誇る森美術館ですが、そこに至るまでにどんな工夫がなされてきたのでしょうか...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

GBH_KuwA88 基本情報と面白い投稿のバランスが大事ってことよね 約1ヶ月前 replyretweetfavorite