自分の好意を、恋愛感情だの友情だのに区別したくない

きのコさんは、複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルを選んでいる「ポリアモリー」。このポリアモリーに似た概念として、「オープンリレーションシップ」、「リレーションシップ アナーキー」というものがあります。それはどんなものなのでしょうか?そして、きのコさんはこの2つの関係性についてどう考えているのでしょうか?


※きのコさんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください!HN・匿名でもかまいません。

こんにちは、きのコです。

最近、こんな記事を見かけました。

束縛しない関係性“オープン・リレーションシップ”を認めたセレブカップル7組

この記事を読んで、「これってポリアモリーのこと?」と思う人もいるのではないでしょうか。

今回は、ポリアモリーと似ているけれどもちょっと違う言葉、「オープン リレーションシップ」と「リレーションシップ アナーキー」を取り上げてみたいと思います。

ポリアモリーとのちがい

オープン リレーションシップとは、カップルがその関係を“開く”こと。つまり、カップル外でのデートやセックスやお付き合いに合意しているパートナーシップのあり方です。オープン リレーションシップを実践するカップルが結婚している場合は、オープン マリッジとも呼ばれます。

ポリアモリーと重なる部分もある概念ですが、オープン リレーションシップはあくまでも“核”となる2人のカップルがあり、その関係性をオープンにするもの。ポリアモリーの中でも、トライアドと呼ばれる「3人カップル」のかたちや、ポリフィデリティという「決まった複数人の中でのみお付き合いをする」というかたちとは違うといえます。

そしてリレーションシップ アナーキーとは、社会や文化の規範に囚われずにあらゆる関係性のあり方を自らで決める、というあり方です。複数人と同時に関係性をもつ場合もありますが、「この人は恋人」「この人は友人」「これは性的な関係」「これはプラトニックな関係」などと区別をしたり序列をつけたりすることはありません。すべての関係性に対して、それぞれがどのような形でもよいし、どのようなレベルのコミットメントでもよい、とするスタイルで、ポリアモリーよりも10年近く後に作られた言葉です。

直訳すれば「関係性無政府状態」。無政府状態の「政府」とは、実際の政府よりも「他人」や「社会」と言い換えた方が理解しやすい。つまり自分と誰かの関係性を他人に支配させないとする考え方だ。
(小島雄一郎『「ロマンティック・ラブ・イデオロギー」と「リレーションシップ・アナーキー」はバンド名じゃないけど、パンクロックな気がする。』より

自由度が高いほどいい関係?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

majika_warota ほう、これは初めて知った。勉強になった。合意の上なら全然いいと思う。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

al1ce_02 https://t.co/vMLOAqX47B 3ヶ月前 replyretweetfavorite

gibbous_leo ▶️ 自分にない概念はどんなに説明されても「実感」はできない。理解す… https://t.co/0y6amFOxqy 3ヶ月前 replyretweetfavorite