三宅香帆と選ぶ #大人のための夏の「歴史漫画」 [後編]

前回、夏になると本屋に並ぶ各社の文庫フェア、あれをみんなで考えよう! ってのをやりました。今日はその後半戦。読者のみなさんが選んだ本と、三宅が選んだ本をご紹介します!


 夏が始まったときには「暑い! 暑すぎる!」と苦笑していたのに、8月後半にはもう夏が終わりそうになっている今日この頃。お元気でしょうか~。わたしは涼しくなって夏が終わるのがちょっと寂しいですが、元気です。暑すぎると疲れちゃうし、今くらいの時期がいちばんちょうどいいですね! ずっとこれくらいでいてほしいけれど、すぐに寒くなっちゃうんだろうな。せつねえ。
 さて今回は、前回に引き続いての、この企画。大人にも夏の楽しみがあっていいじゃない、ということで……夏に読みたい文庫をリストアップしてみよう! という企画でした。

「#大人のための夏の文庫100冊」ツイッターで募集したところ、たくさんおすすめの本を挙げてくださってありがとうございました~! 嬉しかった!
 まずは読者の方が挙げてくださった本から10冊ご紹介しますね。
 そのあと、わたしがおすすめする「夏に読みたい漫画」を10冊ご紹介してみようと思います。
 夏は、本や漫画を、読もう!!!
 というわけで後編も楽しくいってみます。


SNSで教えてもらいました!
これが「cakes読者が夏に読みたい本」だ!編

1『ジョーカー・ゲーム』柳広司
2『夏の庭』湯本香樹美
3『サマータイム』佐藤多佳子
4『さよなら妖精』米澤穂信
5『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』穂村弘
6『吉里吉里人』井上ひさし
7『よいこの君主論』架神恭介
8『トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか』羽根田治, 飯田肇, 金田正樹, 山本正嘉
9『サイゼリヤ おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ』正垣泰彦
10 室内で読書

 最後……圧倒的に正しい……。いやあまりにも正しい。そりゃそうだ。
 夏に、冷房をガンガンかけながら読書。圧倒的に最高。
『夏の庭』や『サマータイム』は、本家(?)である出版社さんが選ぶ「夏の文庫」特集に選ばれてそうな作品ですよね。学生さんに読んでほしい。中高生のみなさん、読書感想文に迷っているなら『夏の庭』や『サマータイム』おすすめですよ!!

 歌人・穂村弘さんの『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』も、現代短歌ってこんなに自由なんだ~! と驚く歌がたくさん掲載されているんですよ。たとえばこんな歌。

・マフラーがちくちくしない方法を羊に教えてもらう日曜
・いつもいつも双子座だけが幸福な星占いが連載される
(穂村弘『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』所収)

 こんな、日常のなかですこし心がざらっとするタイミング、だけど何気なく過ごしていては忘れてしまうような歌たち。現代短歌って、「人には共感してもらえないかもしれないけど、自分だけは覚えておきたい一瞬の感覚」を描く芸術なんだな、と本書を読むとわかります。今まで短歌に触れていない人への現代短歌入門書としておすすめしたい本ですね。

『サイゼリヤ おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ』もおもしろいな~と思って選出しました。わたしは読んだことがないのですが、いつも行ってるチェーン店のビジネスモデルに思いを馳せる夏もまた一興。ぜひサイゼリヤで読んでほしいところですね!


 はい、こんなふうに読者さんから教えてもらったラインナップを見ていると思ったんですよ……「いや、夏に読むのは文庫本だけじゃないよな!? 短歌もビジネス書もありだな!?」と。
 というわけで、最後に「夏に読みたい漫画」をご紹介して終わります~。
 ……といっても、無尽蔵に漫画を紹介してもちょっとひっかかりがないので……。

 せっかく夏だし!
 大人も、子供も、勉強になる!
「夏に読みたい歴史漫画」を!

 ご紹介しようと思います。ええ。なんで歴史漫画かっていうと、歴史を題材にした漫画って長いんですよね。おもしろいんだけど、基本的に、長期連載が多い。
 冬の忙しい時期よりも、夏から秋にかけてちょっと余裕のある時期に読みたくなる漫画が多いのが、「歴史漫画」っつージャンルだと思うのです。

夏に漫画を読まずしていつ漫画を読むのだ。
今こそ読みたい「歴史漫画」!編

世界史編
1『ヒストリエ』岩明均

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mircea_morning 篠原千絵さんというと、『赤い河のほとり』が好き。かのヒッタイト漫画である。最近だと『ヴラド・ドラクラ』が絵も美麗で、話の構成もよい。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

shikada_g 以前に推させてもらった「さよなら妖精」を紹介していただきました! https://t.co/oSczKGdHYy #大人のための夏の文庫100冊 https://t.co/RhTTKsjBZg 4ヶ月前 replyretweetfavorite