「一人ではない」と、思える瞬間

重度の自閉症を抱えながらも、社会を鋭く見つめている作家・東田直樹さんのコラムです。
自閉症者によくみられる特性のひとつに、「独特の行動や言動、その反復」が挙げられます。自分の意図に反して発される言葉、「普通の人」と同じ行動ができず、ときに過剰な反応を示す身体。
それらに対して注がれる周囲の視線を、東田さんはどのように受け止めているのでしょうか。


 自閉症の僕はいつも、視線に踊らされています。
 人に見られることが恐怖なのです。人は、刺すような視線で僕を見るからです。障害を抱えているために、目に見える言動が、みんなとは違うせいでしょう。

 まるで、原始人のようだと自分でも思っています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
跳びはねる思考—22歳の自閉症作家が見た世界

東田直樹

「僕は、まるで壊れたロボットの中にいて、操縦に困っている人のようなのです。」 会話ができないもどかしさや意に沿わない行動をする身体を抱え、だからこそ、一語一語を大切につづってきた重度自閉症の作家・東田直樹。 小学生の頃から絵本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Noriko_INFO 【第2回】つながり|東田直樹| 4年以上前 replyretweetfavorite

fujinejima この瑞々しいコトバのひとつひとつに、感動を覚える。読み終わると、何か爽快な空気に触れ、どこか別の空間にある自然に包まれているように感じます。【第2回】つながり | 4年以上前 replyretweetfavorite

kamisako24 東田さんの連載、更新しました。今回もいいです。【第2回】つながり|東田直樹| 4年以上前 replyretweetfavorite