俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

水着で始まり、水着で終わる。酔いも深まる静岡・浜松の夜

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!

 もう夏は峠を越えようというのに、原稿が山積みで引きこもりがちなマエザワです。仕事という大義名分のもと、都会の喧噪を抜け出そうと、今月も地方出張を画策。普段はネットニュースを担当しているので、調べ物のフリしてローカルな夜遊び情報をググる。

 そういえば学生時代の夏休み、ヒッチハイクで旅していたときに静岡の浜松で良い思い出がある。汗まみれで小汚い僕を軽自動車で拾ってくれた綺麗なお姉さん。家で手料理を食べさせてもらい、泊めてもらった。浜松の人たちは総じて優しい印象がある。よし、久しぶりに足を運んでみるか!

人間をダメにする不思議な空間……

 浜松の繁華街・鍛冶町の交差点を渡って少し歩くと、目的のマビーセブンビルがそびえたっている。1階の居酒屋で遠州地方のご当地料理と酒をつまんでから7階に上がる。今回、訪れたのは水着キャバクラ「はちみつ」だ。

左から、れおなさん、ことさん、まりなさん、さらさん。人工芝にヨギボーのクッションが並ぶ店内。キャストは常夏ムードの水着姿だ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード