わかる日本書紀

賊を討つ!だましうちも立派な戦法【第十二代③】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した『わかる日本書紀① 神々と英雄の時代』から、日本の正史を学ぶ連載。

景行天皇、熊襲(くまそ)を討つ。カムナツソヒメの進言

十二年七月、熊襲(くまそ)※1が背(そむ)いて朝貢しませんでした。

八月十五日、天皇は筑紫に御幸(みゆき)しました。そのとき天皇は、南方をはるかに見て、
「南の方に煙が盛んに立ち上っている。賊がいるに違いない」
と言ってそこに留まり、まず多臣(おおのおみ)※2の祖・タケモロキ(武諸木)、国前臣(くにさきのおみ)※3の祖・ウナテ(菟名手)、物部君(もののべのきみ)の祖・ナツハナ(夏花)を遣わして状況を視察させました。

そこにカムナツソヒメ(神夏磯媛)という巫女がいました。その一族は非常に多く、一国の首領でした。
天皇の使者が来たことを知ってただちに磯津山(しつのやま)※4賢木(さかき)※5を抜き取り、上の枝には八握剣(やつかつるぎ)※6を掛け、中ほどの枝には八咫鏡(やたのかがみ)を掛け、下の枝には八尺瓊(やさかに)※7を掛けて、白旗を船の舳先に立てて、参上して謹んでこう言いました。
「どうか我らに兵を差し向けないでください。我が一族には決して君に背くような者はおりません。今すぐに帰順いたしましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る一冊。

マンガ遊訳 日本を読もう わかる日本書紀1 神々と英雄の時代

村上 ナッツ,村田 右富実,つだ ゆみ
西日本出版社
2018-12-18

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません