HSC子育てアドバイス(13)敏感すぎる子をかわいがれない

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCの子を育てる親向けに、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本』をcakesで特別連載!(毎週木曜更新)

そんな自分を責める必要はありません

「子どもの敏感すぎる行動にイライラして、つい、きつい言葉を投げてしまいます。理解できないわけではないのです、自分も幼いころ敏感なタイプだったから。だけど、優しく 接することができません。早く幼稚園に行くようになってほしい、そうしたら少し離れら れるという思いで、入園を心待ちにしている自分がいます」

 一般に、親がHSPでないと、子どもがわざとやっているように思えたり、つい急かし てしまったり、口調が厳しくなってしまったり、一緒に楽しめなかったりして、イライラ がつのってきやすいのです。また、親がHSPだと、子どもの感じていることがよくわか り、子どもの問いにうまく答えられ、共通の楽しみ方ができるのですが、自分がしてほし かったことを押し付けたり、手や口を出しすぎて過保護になったり、共感しすぎて冷静になれなかったり、対外的に弱かったりして、子育てに難しさが起こります。
 自分も敏感だったのに子どもを受け入れることができないというのは、おそらく母親自 身の過去に辛い経験があるのです。子どもと向き合うことで、自分の過去と過剰につなが ってしまうのだと思われます。
 敏感すぎる人は、親の顔色をみて言いたいことも言えずに、いつも誰かに振り回されて 育ってきた人が多いのです。責任感や自責感が強く、自信もないため、ミスをしないよう に、他人に批判されないように、とても気を遣ってしまいます。家事も子育ても完璧を目 指し、疲れ果ててしまうのです。

 そういう人に対して私は、「敏感な子を育てるって、とても大変だよね」と言ってガス 抜きをしてあげます。心の逃げ場や休み場を用意してあげるようにします。 「子育ては、自分育て」といい、自分の育ちを見つめ直すという意味があります。自分の 敏感さや弱さを受け入れるようになると、子どもも受け入れることができるようになって いきます。過去にさかのぼって人生をやり直すことはできなくても、子育てを通じて、自 分の過去の心の傷や痛みに向き合い、自己主張できなかった自分の弱さを認め、許し、受 け入れる機会が与えられていると考えてみるといいと思います。

<次回は9月19日(木)更新予定>

子どもの敏感気質(HSC)の入門書。好評発売中!

この連載について

初回を読む
子どもの敏感さに困ったら

長沼 睦雄

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCを育てる親に向けて、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yunoyuno55 #スマートニュース 約21時間前 replyretweetfavorite

yomimonocom 「子育ては、自分育て」 HSPの第一人者、長沼睦雄医師の連載「子どもの敏感さに困ったら」 第23回「」がcakesにて公開!(毎週木曜更新) https://t.co/WXda2qiVXT 7日前 replyretweetfavorite