最高の先生たち」に会いに行く

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcakesで特別連載!(毎週火曜更新)

「最高の先生たち」に会いに行く

 とはいえ、そこで学べることには限界がありました。
 今なら、イヤな気分やうつから解放されていくためには「今、自分がどういう状況なのかを理解すること」「自分の物事のとらえ方のクセと、自分が向き合うこと」が大事だということもわかっていますが、そこに到達するだけの知識は得られませんでした。人を救えるスキルも身についてはいませんでした。
 それでも、下園さんが見つけてくるいろいろな療法の実験台をやったおかげで、その効果も、副作用や悪いところも、身をもって理解することができました。
 ほかにもいろいろな発見がありました。
 イヤな気分もうつも、一人ひとりケースが違うので、具体的にどうしたらいいのかは、自分で向き合っていくしかないということ。
 本を読むだけでもエネルギーが消耗して、よけいに落ち込んでしまうことがあるので、状態がよくないときは、本を読まないほうがいいこと。
「自分が今どういうエネルギー状態にあって、何ができるか」を考えながらやっていかなければならないということ。
 最終的な目標は臨床心理士だったので、働きながら放送大学でも学び始めました。ここのスクーリングの講師陣には恵まれて、実験心理学もできたし、九州大学で卒業研究までさせてもらえました。大学院で修士論文を書くためにも卒業論文は必須だと思っていたので、ありがたかったです。
 また、学生の間は学割が使えるので、とにかくいろいろな治療法に当たろうと思い、かなりお金をかけて、いろいろな講習を受け続けました。
 心理学関係の本をたくさん読み、その分野の大御所や尊敬できる人の名前を憶おぼえていたので、学会の懇親会には必ず参加して、トップの人たちに会いました。
 そういう先生たちは、人として同じ目線で、わかりやすい言葉で、包み込むような話し方をしてくれます。「ぼくもずっと勉強だと思うんだよ」という感じで、驕ったところがまったくないし、質問するとすごくわかりやすく教えてくれます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

3万人の自衛隊員の心を救った「行列のできる臨床心理士」が教える、自分思考メソッド。

この連載について

初回を読む
イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ

玉川真里

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcak...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません