第7章ダンディズム|コラム③サタン、ヨーロッパ的「カッコいい」の元祖⁉ 

「カッコいい」、「クール」、「ヒップ」と同様に、「ダンディズム」もまた、反抗が一つの特徴だったが、ボードレールにとっての「男性的な美の典型」は、『失楽園』(ミルトン)のサタンだったーー。平野啓一郎が、小説を除いて、ここ十年間で最も書きたかった『「カッコいい」とは何か』。7月16日発売の新書を全編連載。 「カッコいい」を考えることは、「いかに生きるべきか」を考えることだ。(平日毎日更新)


コラム③サタン、ヨーロッパ的「カッコいい」の元祖⁉


アンチヒーローの祖型サタン

「カッコいい」、「クール」、「ヒップ」と同様に、「ダンディズム」もまた、反抗が一つの特徴だったが、ボードレールにとっての「男性的な美の典型」は、『失楽園』(ミルトン)のサタンだった。

 神に反逆して地獄の底に堕ちたサタンが、同志たちを集めて放った第一声は、こんな具合である。

「あの恐るべき武器の威力を、その場に臨むまで知らなかったとは! だが、あの武器があるから、いや、勝ち誇る彼(注・神)が、怒りに任せてその他の痛撃を加え得るからといって、今さら悔んだり、また、表面の輝きこそ一変したにもせよ、あの時のあの不動の決意と熾烈な憤怒を変える私ではない。威信を傷つけられて生じたあの決意と憤怒こそ、私を駆って最強者と一戦を交えしめ、無数の武装の天使らを厳しい戦いに赴かせたのではなかったのか。思えば、彼らもまた彼の支配を憎悪し、この私を首領と仰いで、彼の強力無比な威力に全力をあげて抗し、天の広漠たる平原に於いて、勝敗も定かならぬ激戦を交え、彼の王座を脅かしたものであった。一敗地に塗れたからといって、それがどうだというのだ? すべてが失われたわけではない。──まだ、不屈不撓の意志、復讐への飽くなき心、永久に癒やすべからざる憎悪の念、降伏も帰順も知らぬ勇気があるのだ!」(第一巻・改行略)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
カッコいい」とは何か

平野啓一郎

『マチネの終わりに』『ある男』を発表してきた平野啓一郎が、小説を除いて、ここ十年間で最も書きたかった『「カッコいい」とは何か』。7月16日発売の新書を全編連載。 「カッコいい」を考えることは「いかに生きるべきか」を考えることだ。(平日...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません