みんなでひとり鍋パーティー【パリッコ、スズキナオ】

連載40回突破記念。恒例のパリッコさん、スズキナオさんによる振り返り対談の後編をお送りします。前編はこちらから。
なんだか気ぜわしい僕たちの毎日には、楽しくて、ちょっとホッとできる「お酒」が必要だ! 本連載はそんなお酒をこよなく愛するあまり、「酒の穴」というユニットを結成してしまったパリッコさんとスズキナオさんが、酒にまつわるアレコレをゆるーく、ぬるーく書いていくリレーエッセイです。過去の連載へはこちらから。

次の誰かのために

スズキナオ(以下ナオ) しかしさ、この前、神戸のメリケンパークのトイレに入ったらタピオカドリンクの容器が手洗い場にいっぱい置き去られていて、どれもけっこう残してんの。みんなどうした!

パリッコ(以下パリ) あ〜……その嫌な感覚、すごいわかる。写真はきっちり撮ってるんでしょうね。公園のベンチのわきに酒の缶が捨ててあるのとかも悲しくないですか。

ナオ 「酒のイメージが悪くなる!」っていう、誰目線なんだかわからない気持ちが芽生えますね。いつか俺がそこで酒を飲むときに、飲みづらくなる!

パリ ね。酒とは関係ないんだけど、公園で、糖質オフのカップ麺の空き容器にスープが残ったまま放置されているのを見て、何重にひとりよがりなんだ! って思ったな。腹は減った。ラーメン食いたい。今すぐ食いたい。でも太りたくない。健康のために塩分は控えたい。捨てるのはめんどくさい。

ナオ はは。「そんなあなたにぴったりの品が!」っていう。

パリ 「糖質オフラーメンの汁残しポイ捨て法」ね。

ナオ あと、自販機の横に空き缶とペットボトル専用のゴミ箱置かれていることが多いじゃないですか。あそこにカフェでテイクアウトしたコーヒー容器を捨てようとして、ゴミ箱の穴より容器の方が大きいから、入り口を塞いだままになってるのもきついです。あれって、悪いことの中でもけっこう上位なんじゃないか。

パリ そうそう。ぜんぜん大したことなくないよ?

ナオ まずそのゴミ回収する人が大変だし、ゴミ箱ふさがってるから、みんなその前に空き缶を置いていっちゃったりするんですよ。いきなり悲惨な状況が生まれる。

パリ なんつーか、「犯人」っていう感じですよね。

ナオ そうです。うっかりした何かとかではなくて確信犯なんですよ。ふさがったのは知ってて去っていくんですから。

パリ 特に酒を飲んだときなど、我々も気づかずにやってしまっている悪行などはないか、せめて気をつけていきたいものです。

ナオ そうですね。次の誰かの場所をふさぐようなことだけはしたくないっす。

ひとり鍋専門の立ち飲み屋がほしい

パリ ナオさんの「台所に立って鍋をしながら飲むのはどうか」の回、最後の架空の店のところが最高だったな〜。ひとり鍋専門の立ち飲み屋。まるで本当に見てきたかのような。

ナオ ありがとうございます。旬の食材を自分の鍋にポンポン取り入れていくの、楽しいんじゃないかなって。

パリ 本当、なんでそういう店なかったんだろうと思いました。

ナオ 酒を飲む場で目の前に火がグツグツしてるのが危なかったりとか、コストがどうとかもあるんでしょうけどねー。

パリ でもひとり鍋の店はなくないでしょう。

ナオ 大阪にはひとり鍋の名店がけっこうありますよ。

パリ 完成形のやつね。

ナオ そうそう。最初からメニューが決まっていて、追加できるのはせいぜいシメの麺くらい。

パリ けど、串カツ屋だったら、あれこれ好きな具材を頼むわけで、なぜ合わせなかった! と。

ナオ ほんとほんと。面倒なのかなー。

パリ いや、盲点だっただけじゃないですかね。面倒ならさ、いちいち小皿なんて用意せず、お客の鍋に頼まれたものを大将がぽちゃぽちゃ投げ込めばいいじゃないですか。

ナオ そうか。

パリ 「あつっ!」とか言いながら。

ナオ はは。大将、乱暴だなー!

パリ 気に入らない客にはオーバースローで。

ナオ 豆腐一丁丸ごとビッシャーン!

パリ 「二度と来るか!」

回転鍋の店

パリ 具材が回転してても楽しいんじゃないかな。

ナオ あー! 回転鍋の店「ナベロー」。

パリ ナベローいい!

ナオ 鹿児島県産黒豚とか、松阪牛とか、流れてくる。

パリ 1皿100円均一だから、松坂牛は2センチくらいだけど。

ナオ いいのいいの。

パリ 気分気分。

ナオ ちょっとずついろいろね。

パリ そのかわり、モヤシは1袋ぶんですよ。

ナオ こぼれモヤシだ。しかし、回転してるのが白菜だの豆腐だのエノキだの、ちょっと地味かなー。

パリ いえいえ、そこは変わった食材もふんだんに流れてきますから。それこそタピオカとか。

ナオ あー。鍋の許容量ってすごいから。大河のように色々な具材を受け入れてくれる。

パリ 虹色のわたあめとか。

ナオ はは。ハンバーグとポテトとか。

パリ 「今日のテーマはマック鍋でいくか」

ナオ 最後うんざりでしょうね。「この残った汁、見たくもないんだけど下げてもらえる?」って。

パリ それが店ができない原因か。

ナオ まずは一度、自分たちでやってみたいですね。

パリ いいですね! ひとりひと鍋持って集まって。「ひとりで鍋パーティー」ならぬ「みんなでひとり鍋パーティー」。

ナオ 食材いっぱい持ち寄ってね。

パリ あれ、これすげー盛り上がるんじゃないすか?

ナオ 楽しいと思いますよー!

パリ 「うわ、お前の組み合わせずるい!」みたいな。

ナオ 「ちょっと味見させてよー! もー!」

パリ 完全にありですね。

ナオ 「〇〇さんから松坂牛入りました〜!」

パリ 「おお〜!!」

ナオ とかね。

パリ やりましょう!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

酒にまつわるあれこれをゆるーく、ぬるーく、たまに真剣に書き綴る。

“よむ"お酒

パリッコ,スズキナオ
イースト・プレス
2019-11-17

この連載について

初回を読む
パリッコ、スズキナオののんだ? のんだ!

スズキナオ /パリッコ

なんだか気ぜわしい僕たちの毎日には、楽しくて、ちょっとホッとできる「お酒」が必要だ! 本連載はそんなお酒をこよなく愛するあまり、「酒の穴」というユニットを結成してしまったパリッコさんとスズキナオさんが、酒にまつわるアレコレをゆるーく、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード