第7章ダンディズム|1ダンディ一位に選ばれた三島由紀夫

明治の近代化以降、日本には洋行帰りの「ハイカラ」の伝統があり、白洲次郎などはその末期の典型だろうが、「ダンディ」は、むしろこちらの「カッコいい」との連続性で捉えるべきだろうーー。平野啓一郎が、小説を除いて、ここ十年間で最も書きたかった『「カッコいい」とは何か』。7月16日発売の新書を全編連載。 「カッコいい」を考えることは、「いかに生きるべきか」を考えることだ。(平日毎日更新)


1 ダンディ一位に選ばれた三島由紀夫

高級感があり、都会的

 一九六〇年代以降の「カッコいい」に影響を及ぼしたアメリカ発の概念が「クール」であり、「ヒップ」だったのに対して、ヨーロッパから輸入された概念の一つに、「ダンディdandy」がある。

 尤も、こちらは一九世紀の概念であり、フランスでは、ほとんど死語化している。「カッコいい」に相当する言葉は、六〇年代には貴族的な「エレガンスélégance」に対して、より大衆的な「シックchic」があり、これも日本語の「カッコいい」に影響を与えているが、今日ではやや年配の人が使う言葉である。同様に、「クラスclasse」というのも、幾らか古風な「カッコいい」で、若者たちは、「スティレstylé」という表現を好んでいる。元々は、「しつけが行き届いた」といった意味だったが、現在では英語の「スタイリッシュstylish」に近い、〝今風の〟というニュアンスになっている。

「ダンディ」や「ダンディズム」は、日本語では、些かオジサンっぽい言葉ではあるが、まだ死語となっておらず、男性誌の特集などでは「定番スーツのダンディな着こなし」だの「五十代からのダンディズム」などといった言葉が躍っている。

 白洲次郎が特集される時には、必ず「ダンディズム」という言葉が枕につくし、桑田佳祐には、《真夜中のダンディー》(一九九三年)というヒット曲がある。

 アパレル企業レナウンのブランド「ダーバンD’URBAN」は、今でも「ダンディ」をキー・コンセプトにしている。ある世代以上の人は、アラン・ドロンが出演し、最後に「D’URBAN c’est l’élégance de là moderne.(ダーバン〝おとなの心〟)(1)」というキメ台詞を言うCMを覚えているだろう。ブランドヒストリーによると、「日本一のかっこいい服を、世界で最もかっこいい男に着せたい」というコンセプトだったそうだが、アラン・ドロンは、アメリカ的な「クール」とも「ヒップ」とも違う、フランス的な「ダンディ」の象徴として、日本人に強烈な印象を残したのだった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
カッコいい」とは何か

平野啓一郎

『マチネの終わりに』『ある男』を発表してきた平野啓一郎が、小説を除いて、ここ十年間で最も書きたかった『「カッコいい」とは何か』。7月16日発売の新書を全編連載。 「カッコいい」を考えることは「いかに生きるべきか」を考えることだ。(平日...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません