障害者の私を支え続けてくれた上司のこと

入社が決まって、働き始めた福本さん。新入社員はだれしも、先輩や上司に支えられて育ちます。福本さんは、どのように支えられてきたのでしょうか。今回は忘れられない上司の話を語ります。


働いた経験がなく実用的な資格もない私に、五〇歳からの職場は選びようもなかった。職場が私を選んでくれた。まあ、案外こんなものかもしれない。が、健常者にとっての案外な出来事も、障害者にとっては意外で論外な出来事。まだまだ厳しい世の中だが、私はやる気とラッキーなご縁だけでNPOの非常勤職員になった。一芸に秀でていれば、あるいは自分にしかできないことを身につけていれば、飯のタネになる。だから人は学び続けるのかもしれない。ファーストフード店で、参考書にマーカーを引くОL風の女子。あーあー私が四半世紀してこなかったことだ。なにか一つだけでもこつこつ積みあげて生きてくればよかったな、とつくづく思う。

働き始める前、長年、診てもらっている鍼灸師に問われた。「福本さん、そもそも働くってどういうことだかわかってますか」私は首を斜めにした。「自分の本意ではないこともしなきゃいけないのが仕事。嫌なんて言っちゃダメです。でも、できないことを言われたら上手く伝え……られないだろうなぁ。あーあー、きっと苦労しますよ、福本さん。あっ、まずは挨拶をしっかりすること。学校でみんなでしたでしょ?おはようございますって」「それは、私一人ぐらいしなくてもわかんないやって口ぱく。ついでに、合唱も国語の朗読も英語の発音練習も口ぱく」私が平然と答えると、「えー!」と彼は仰け反る。あのさー、私は言語障害が強い。発語にものすごい労力を使うわけよ。声を出すのがしんどいだけで、必要な挨拶はきちんとしてきたよ。これからはもっとするよ。大丈夫だって。やればできるって。地域の学校で健常児に揉まれて、時にこずるさも学んで大きくなったんだよ。適応力も次第に目覚める。環境が人を変えるのだ。「人の話をしっかり聞くというのもお忘れなく。これもできるかな」心配そうな顔をする。その点については……私は夫と息子の暗黙の了解だけで生かされてきた気がする。彼らは何か説明する時には、無意識に私が理解しやすい言葉を選び、使っていたのかもしれない。まあ、どこのご家庭もそんなものかもしれない。でも、さらに考えると、私はここ数年、人の言うことを必死に理解しようとしたことがない。そんな必要に迫られたこともなかった。脳性まひの脳のダメージのせいにするわけではないが、私は人の言うことを並のレベルではわからないのかもしれない。働きだして、このことに私は気づく。自分の興味がないことは、聞いてもすぐに忘れてしまうのだ。ひょっとして、この鍼灸師は私と出会ってすぐにこのことを薄々感じたのかもしれない。でも、きっと脳の働き方も経験や伝えてくる人によって変わると信じる!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
障害マストゴーオン!

福本千夏

脳性まひ者の福本千夏さん。 50歳にして就職して、さまざまな健常者と関わる中で、感じた溝を語ります。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Mercuroman 障害者本人が一番戦ってるのに、わたしは支えている人に注目しがちかも、と反省。立場、境遇、特性に対する想像力、持とう 3ヶ月前 replyretweetfavorite

osaka100kaigi https://t.co/Qc9plP25re 3ヶ月前 replyretweetfavorite