転生」するか「召喚」されるか、アニメに没入する2つのタイプ

アニメやゲームの世界観に感情移入する人のタイプは2種類ある、と考える岩井さん。そのタイプによって“推し”の見つけ方も変わってくるそう。それぞれを「転生タイプ」「召喚タイプ」と仮定し、没入の仕方やキャラクターとの向き合い方の違いについて考察します。

※このコラムは、雑誌「テレビブロス」2018年9月号から転載されたものです。

アニメやゲームにおいて、自分の好きな異性のキャラクター(場合によっては異性でなくても良い)を“嫁”などと表現することがある。僕はこの“嫁”という表現に、少し抵抗がある。

アニメを観たりゲームをするとき、その世界観にどっぷりハマっている人の、作品への感情移入の仕方には2種類あると思う。

まずは、その作品の主人公や他のキャラクターに自分がなりきって作品を楽しむ人。僕はこのタイプがアニメ、ゲーム好きの中で圧倒的に多いと思っている。このタイプを仮に「転生タイプ」としよう。このタイプは、ギャルゲーや乙女ゲームをプレイする時も、自分を主人公に転生させるのだ。もしくは、主人公の存在を抹消し、主人公の立ち位置に自分を転生させる。なので、その世界の人数は変わらない。こうすることによって、主人公のことを好きなキャラクターは自分のことを好きだし、ギャルゲーや乙女ゲームにおいて、色んなキャラクターに好意を寄せられる存在になる。

そしてもう1つは、その作品の世界に自分が入ってしまったら……と考えながら作品を楽しむ人。自分が自分でありながら、その作品の世界に入り込んでしまう。このタイプを仮に「召喚タイプ」とする。このタイプは自分のまま、その作品の世界に現実から召喚されるのだ。なので、その世界の人数に自分という人間が一人加わることになる。主人公はそのままいるし、他のキャラクターとの関係性も、転生して誰かが築き上げてきたものを引き継いでいる訳ではないので、1から仲良くなっていかなくてはならない。

僕は完全に後者、「召喚タイプ」だ。ヒロインは主人公のことが好きだし、選ばれし者にだけ与えられる特別な能力もない。ただ、その世界の決まりの中で生活していれば、魔法が使えたりはするかもしれない。初登場では何の能力もないけれど、努力でどんどん強くなっていくバトル系のアニメのキャラクターには「あ、俺この世界に行ってもやっていけるかも」という希望をもらっている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
でもあの子、俺じゃなくて主人公のこと好きなんだよな。

岩井勇気(ハライチ)

お笑いコンビ「ハライチ」として活動する岩井勇気さんが、大好きなアニメや漫画やゲームについて、妄想を膨らませながら綴るコラム。二次元に本気で心を奪われた者だけがたどり着くことのできる境地から、溢れんばかりの愛をお届けします。なお、コラム...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yakizaka_nan |でもあの子、俺じゃなくて主人公のこと好きなんだよな。|岩井勇気(ハライチ)|cakes(ケイクス) 無料部分だけでも面白かった。 https://t.co/YycDYEfIAj 11ヶ月前 replyretweetfavorite

marrynontan 私は完全に「召喚」タイプなので、かなり共感できた 11ヶ月前 replyretweetfavorite

iwaiyu_ki ハライチ岩井勇気のコラム『#でもあの子俺じゃなくて主人公のこと好きなんだよな』の最新回です。cakesで読めます。 https://t.co/3S4IQCsbiq #でもぬし 11ヶ月前 replyretweetfavorite

zTz3H1SH82yJ7iF 毎回写真が違うぞ!髪… https://t.co/RQYznzeYdP 11ヶ月前 replyretweetfavorite