10分で完成!きりりと辛いおつまみ麺「柚子胡椒冷やしうどん」

今回のレシピは、オイルサーディンを使った「真夏のイワシシリーズ」第四弾。きゅっと締めたうどんに、かりっかりのあげ玉とイワシ!柚子胡椒で爽やかにいただく和風メニューです。夏の終わり、ビール片手にぜひお楽しみください。

cakes読者のみなさま、こんにちは。

8月後半もまだまだ夏。だけど、ちょっとだけ朝晩の暑さが緩んできた気がします。この時季って、例の“夏終わっちゃうじゃん”的ムードをあちこちで感じます。夏を惜しむ曲がラジオから流れたり、響き渡るセミの鳴き声も勢いがまばらな感じ。電車の中は、お休みモードのビーサンの大人はめっきり減って、仕事モードの人がほとんど。まだ夏だけど、いつまでも夏じゃないからね、そろそろ夏仕舞はじめますよー、ほら、今日はここでしょって、カレンダーが静かに数字でうったえてくる。

8月の終わりまであと何日か、なんて考えながら、なんかやり残した感をじわじわ噛みしめる。それも毎年。これってなぜだろう。海行ってないから?(いや、行ったよ)プール行ってないから?(いや、行ったでしょ)何か起きるはずだったのに何もなかったから?(何かって何!)夏って季節は、強烈で、儚くて、なんだかややこしい。

でもやっぱり夏が好きなので、ちょっと寂しいけど夏との別れをしみじみ味わうしかありません。夏の終わり真っ只中のいま食べたいのは、そうですね、やっぱり冷たい麺ですね。だって、冷たい麺を今ほどおいしく感じられる時季はないと思うから。秋になっちゃう前に、去り行く夏を惜しみつつ、ああ、夏よまたねと思いながら、冷たい麺を味わうのだ。

今回ご紹介するのは、冷凍うどんを使ったきりりと辛い和風の麺。オイルサーディンを使っているので良質のたんぱく質がとれるのはもちろん、かりかりの揚げ玉を好きなだけ散らして、食感も楽しんで欲しいです。そしてもちろん、つまみ感覚でビールにも合います! 先に具をつまみ代わりにつついてビールを片付けてから、うどんに集中する食べ方もおすすめです。麺を茹でている間にねぎを切ってたれを混ぜれば、下ごしらえはおしまい。難しいことなしです。 では、オイルサーディンを使ってパパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

真夏のイワシシリーズ④「イワシと揚げ玉の柚子胡椒冷やしうどん」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gohstofcain 胃の調子が悪くてなかなか試せずにいたのだが、超簡単でとても美味しかった💪 9日前 replyretweetfavorite

m3_myk これ絶対おいしい、週末にやる🥺柚子胡椒だいすき https://t.co/JQYOV6baPF 25日前 replyretweetfavorite

dondonkitadon 会社にテーブルマークの冷凍うどんとたれ作って持って行ったら、めちゃ幸せなランチタイムになったよ! 25日前 replyretweetfavorite

kz_lil_fox おいしそう 29日前 replyretweetfavorite