第6章アトランティック・クロッシング!|コラム②エレキギターの個性

今日、ありとあらゆる音楽で用いられているエレキギターのサウンドは、一切の教科書もなく、すべて、ブルースの時代以降のギタリストたちが、自力で生み出していったものであるーー。平野啓一郎が、小説を除いて、ここ十年間で最も書きたかった『「カッコいい」とは何か』。7月16日発売の新書を全編連載。 「カッコいい」を考えることは、「いかに生きるべきか」を考えることだ。(平日毎日更新)


コラム② エレキギターの個性

エレキギターは個性を表現する

 エレキギターは、ジャズ・クラブよりも遥かに大きな会場でのコンサートを可能にした。その驚くべき動員力については本文でも紹介したが、ギターはとにかく、持っていること自体が「カッコよく」、人を惹きつけ、またそれほどまでに人を惹きつけるからこそ「カッコいい」という具合に、恐らく循環している。なぜなら、エレキギターは、まさに「しびれ」させてくれるからである。

 オジー・オズボーンは、高校時代、一学年上で、後に一緒にブラック・サバスを結成するトニー・アイオミが、学校にギターを持って来た時のことをこう語っている。

「トニーはまばゆいばかりの赤いエレクトリック・ギターを持ってきたんだ。自分が生まれてこれまで見た中で最高にかっこいいものだ、と感じたのを覚えている。(13)」

 更に、エレキギターは、楽器自体にDIY的な魅力があり、それが労働者階級の若者たちのメンタリティと合致していた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
カッコいい」とは何か

平野啓一郎

『マチネの終わりに』『ある男』を発表してきた平野啓一郎が、小説を除いて、ここ十年間で最も書きたかった『「カッコいい」とは何か』。7月16日発売の新書を全編連載。 「カッコいい」を考えることは「いかに生きるべきか」を考えることだ。(平日...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません