フェル先生のさわやか人生相談

マグロな夫の導き方を教えてください【346回】

甲子園が終わり、夏も終盤戦ですね。今回フェル先生の元に届いたのは、夫のマグロっぷりに悩む35歳女性からのお悩みです。夫婦関係は良く、月に2〜3回は夜の営みがあるという相談者さんですが、現状の行為に満足していないようで......。「夫のプライドを傷つけることなく導きたい」と願う彼女に、フェル先生が送る答えは?

※「フェル先生のさわやか人生相談」では、フェル先生に相談したい質問を募集しています。辛辣な回答も受け入れられる勇気のある方、フェル先生に叱咤激励されたい方は、専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

自身の快楽を開拓できず、辛いです。

いつも大変楽しく拝見しております。相談して来られた相手の立場に立ったアドバイス内容はもちろん、甘い考えは容赦なく指摘する言葉が小気味好く、ついつい夜更かししてバックナンバーも読んでしまいます。cakesはフェル先生の人生相談を読むために毎月課金しているようなものです。

私の悩みは、マグロな夫の導き方が思いつかないことです。

結婚して6年目、2歳の息子が1人います。夫婦仲は良い方だと思います。月に2〜3回は息子を起こさないようにこっそり夫婦の夜の営みを開催しますが、夫は前戯はそこそこにすぐに私が上になって揺れてフィニッシュというマグロぶりです。なかなか自身の快楽が開拓できないことが辛くなってきました。1人ですることもありますが、自分では焦らすことができず、最短距離の方法しか知らないため正直楽しくありません。

夫は現状でも楽しんでいるようですが、私はまだ楽しみきれていないのです。いつもどこかで激しく求めてほしい、いろいろ試してほしいと思っています。

言葉で伝えようとしていますが、「これを触って」「こう揉んで」「ここをなでて」などではなかなか通じないようです。そもそも私の快楽を探求することには興味がないのかもしれません……(泣)。

数学を教える家庭教師のアドバイスのごとく的確で、かつ夫のプライドを傷つけない導き方をご存知でしたら教えてもらえないでしょうか。何卒よろしくお願いいたします。

(35歳、女性、会社員、恋するマグロ漁船)

A.今回は淡白なご主人との性生活に悩む35歳の奥様からのご相談です。35歳の経産婦。イイ感じに身体も熟れてきて、セックスの“本当の愉しみ”が漸く見えてくるお年頃です。そんな大切で貴重な時期を空振り三振で過ごしてしまうとは実にもったいない。私が代打を務めて差し上げたいところなのですが、数多ある相談者の性のお悩みにいちいち肉弾対応していたらチンポコが何本有っても足りません。ここは言葉で得心していただきましょう。今回は一問一答形式でお答えいたします。

いつも大変楽しく拝見しております。
ありがとうございます。ご愛読感謝です。

相談して来られた相手の立場に立ったアドバイス内容はもちろん、甘い考えは容赦なく指摘する言葉が小気味好く、ついつい夜更かししてバックナンバーも読んでしまいます。
一度読んだ文章を時間が経ってから読み直すと、また別の見方ができ、新たな発見があるものです。読む方の境遇や心理状態も刻々と変化しますからね。創刊号からのバックナンバーを、いつでも読み返せるようにデザインしているのはそのためでもあるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが、あなたの恋と仕事の悩みにお答えするQ&A連載。第1回から飛ばしています。回答を読んで、彼氏と別れたくなった方、人生の岐路で悩んでいる方、フェルディナント先生にしかられたい方、質問どしどしお待ちし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません