​リアル店舗の役割が変わった

インターネットの普及や社会の変化で、店員と客が対面してお金と商品をやり取りする「お店」が変わってきています。かつてのようなお店の役目は終わったという林伸次さんが考える、新しいお店のあり方とはどういうものでしょうか?

なぜセンター街に「洋服の青山」があるのか?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

渋谷が職場なので、毎日のように「渋谷にあのお店ができた」「あのお店が潰れた」っていうのを観察しているのですが、ある時、センター街に「洋服の青山」ができたんですね。センター街ってたまに物件が出ていて、もちろん僕はセンター街でお店を構える気はないのですが、「ああいう物件って家賃いくらくらいなんだろ」って感じで、不動産屋さんの張り紙をチェックすることがあるんです。まあ高いです。それで「洋服の青山」ってそんなに売り上げがあるんだと思って、広告の仕事をしている友人に言ってみたら、こんなことを教えてくれました。

「林さん、ああいうお店は店舗の売り上げではなくて、広告として考えているんです。渋谷のセンター街に毎日のように地方から修学旅行生や若い子が来ますよね。それで洋服の青山を見て、『あ、このお店、うちの田舎にもある』って思うんです。で、彼らが就職の時にスーツを買うときに、他のお店ではなく、渋谷のセンター街にもあった洋服の青山を選ぶんです。 あるいは、外国から観光旅行者がいっぱい来ますよね。センター街でたくさん写真を撮ってSNSでアップしますよね。写真には『洋服の青山』って看板が写り込んでます。それが中国系の人なら漢字がわかるから、覚えてもらえるんです。センター街ってしょっちゅうテレビでも写り込みますよね。あるだけで日本中に宣伝してもらえるんです。センター街の家賃、全然高くないですよ」

なるほど。もちろん「洋服の青山」のセンター街のお店がすごくいい可能性もありますが、そういう本来のお店の売り上げではなく、そこから波及する効果を狙うっていうの、最近多いですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Salvare13918 リアル店舗の役割が変わった| 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

t_take_uchi リアル店舗の役割が変わった|林伸次 @bar_bossa | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

onabemaru リアル店舗の役割が変わった | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

bar_bossa あのお店、儲かってるのかなあって不思議になることありませんか?​ リアル店舗の役割が変わった|林伸次 @bar_bossa | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite