一生モノの住み処選び

フローチャートで一目瞭然】終の住み処を決める出入口

一口に「終の住み処」といっても、住み替え以外に、建て替えやリフォーム、高齢者施設への入居と多岐にわたる。ここでは、予算とライフスタイルに応じたその選び方を指南する。


Photo:PIXTA

 「子供も巣立ったし、今の家だと広過ぎて手入れがおっくう。そろそろ住み替えたいけど、選択肢と掛かるお金が分からない」

 持ち家比率が高い日本にあって、老後に備えて今の自宅をどうするかは中高年の悩みの種だ。これは自宅を“親の実家”に置き換えても同じことだ。

 そこで、まずは、「終の住み処」を決めるのにどんな選択肢があるのか、下図のようにフローチャートで整理してみた。


拡大する

 その入り口は基本的に、「住み替え」「建て替え」「リフォーム」の三つ。一方、出口は「マンション」「民間賃貸住宅」「高齢者施設」「二世帯もしくは三世代住宅」「リフォーム住宅」の五つが主となる。ここでは五つの分岐ポイントについて見てみよう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年12/1号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-11-26

この連載について

初回を読む
一生モノの住み処選び

週刊ダイヤモンド

東京23区の新築マンションの平均価格が、7000万円の大台を突破した。片や、販売戸数が激減したにもかかわらず、契約率は好調とされる70%を下回り続けている。2019年の暴落説が流れる中、現役世代に加えて住み替えを考える中高年も、様子見...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード