結婚式のテーマはアニメと日本!

婚約を決めた娘のアリソンが「ウエディングは自宅でする!」と言い出し、はじまった自宅での手作り結婚式。数ある準備の中でもアメリカならではなのが、会場の雰囲気やドレスコードに関わる、式のテーマの決定です。伝統や流行もある中で、アリソンとベンはどのようにテーマを選んだのでしょうか?

ウエディング準備のリストについて5話に書いたが、真っ先に決めなければならないリストにあるのは予算やベニュー(結婚式場や披露宴会場)だけではない。「式のテーマ」もそのひとつだ。日本に住んでいる人は「結婚式にテーマなんてあるの?」と不思議に思うことだろう。今回はそれについて語ろうと思う。


アメリカで行われる個性的な結婚式のテーマ

「テーマ」には会場の場所や雰囲気だけでなく、参列者のドレスコード(フォーマルかカジュアルかなどの衣服のルール)も含まれる。


伝統的なウエディングのドレスコード「ブラックタイ」では、男性はタキシード、女性はロングドレス着用

アメリカでは教会と会員制カントリークラブの組み合わせとか、ホテルを使った披露宴とかが一般的だったが、最近は「個性」を表現するためのチョイスが増えているようだ。

場所に関しては、アメリカではビーチや農場といったアウトドアだけでなく、レンタルできる博物館や美術館という選択肢もある。場所代だけで最低250万円ほどかかるが、ボストンのジョン・F・ケネディ博物館もウエディングに使える。

新郎新婦と参列者が、住んでいる場所ではなく、ハワイやフランスのお城などの観光地に行って式を挙げる「デスティネーション・ウエディング」も人気がある。これは、日本人もよくやっているので想像しやすいだろう。


ナンタケット島でのビーチ・ウエディングは平均1000万円ほどかかるようだが、それでもニューヨーク周辺のリッチなカップルに人気がある

最近人気のテーマには、「伝統なんてクソ喰らえ」的に個性を競う「オルタナ」とか、ジャズエイジの1920年代やヒッピー時代の1960年代など特定の過去の時代を選ぶ「ビンテージ」といったものがあるらしい。

アリソンとベンの結婚式は、わが家の裏庭を使うので、一応「バックヤード・ウエディング」ということになる。2人はそれに加えて自分らしさを表現するユニークなテーマを決めた。


2人が決めた結婚式のテーマ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
まさかの自宅ウエディング

渡辺由佳里

娘のアリソンが長年のボーイフレンドのベンと婚約を決めた。と思ったら、「ウエディングは自宅でする」と言い出してパニックに陥ってしまった渡辺由佳里さん。自身の経験から結婚式にトラウマも抱える渡辺さんとその家族の1年にわたる「手作り結婚式」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

YukariWatanabe その結婚式の調査結果を夫に見せたら、「娘の結婚式をこの島でしなくて良かったよね〜。コストだけでなく手間も大変なことだったと思う」と #まさかの自宅でウエディング を無事終えた自分たちを自画自賛していた😆 https://t.co/7AbhuvXlsO 8日前 replyretweetfavorite

pixiewired レディバグ!https://t.co/Bdkj7Gbnbl 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

__stein このシリーズほんとおもしろい 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe 大河ドラマ的な #まさかの自宅ウエディング は、毎週金曜更新のスケジュールです。今回は、#結婚式のテーマ  https://t.co/7AbhuvXlsO https://t.co/UOb45GmnAo 約1ヶ月前 replyretweetfavorite