小泉進次郎が当たり前のことばかり言う

先週マスコミを賑わせた小泉進次郎と滝川クリステルの結婚発表。しかし、首相官邸を使った記者会見や、他の主要ニュースを差し置いて報道されていたことに、疑問の声も挙がりました。十年選手なのにまだなにも成し遂げていない人気議員・小泉進次郎から、日本の政治の問題点を武田砂鉄さんが考察します。

自身の結婚を最大化しようとする

小泉進次郎が滝川クリステルとの結婚を発表した。「驚きました。おめでとうございます。では、次のニュースです」とスムーズに流しておけばいい話題だし、最近では、本人サイドから「プライベートのことなのでそっとしておいてください」という申し出があることも多いのだから、それに従うべきだろう。いや、でも、彼は、とにかく自身の結婚を最大化しようと試みてきた。ならばこちらは、2012年、埼玉県朝霞での応援演説で「子育てとか、少子化対策とか、それは小泉進次郎にはできないんです。独身だから。言っても説得力ないから」と言っていたことをほじくり出して、「そういう考え方って、とても稚拙ですよね!」と返したくなる。

「当たり前ポエム」に似ている

2012年11月の衆議院解散直後から180日間にわたって密着した常井健一『小泉進次郎の闘う言葉』を読むと、この人の応援演説は、綾小路きみまろのユーモアや毒蝮三太夫の毒素を徹底的に薄めた状態を繰り広げてきたことがわかる。北海道9区から出馬したスピードスケートの五輪銅メダリスト・堀井学の決起大会では「どうしてリレハンメル五輪で銅メダルだったか。金より銀より銅が欲しかったんです。ホッカイ〝ドウ〟だから」と述べた。熊本1区の木原稔の応援演説では「熊本といえば、やっぱり『くまモン』です。木原さんはホンモンです。木原さんという本物の政治家は、ニセモンのやりたいようにさせない」と述べた。もし、自分の直属の上司が繰り出したジョークだとしたら、頭に転職がチラつくレベルである。

彼の言動を追いながら思い出したのは、少し前に流行り、書籍化もされた「当たり前ポエム」だ。当たり前のことを言っているのに、ポエムっぽい書き方にすると、なんだかいい感じに読める、というもの。「目が乾くと何故か涙が止まらないんだ」「君との距離が離れるほど遠くに感じてしまうんだ」「君の前で息を止めると呼吸ができなくなってしまうよ」など大いに笑わせてもらったが、たとえば、小泉の「いくら政治不信が高まっても、政治家が信頼できないと言われても、私たちは自分で望んで政治の世界に身を置いている。だから政治の底力を信じている」って、冷静に文字を追うと、「当たり前ポエム」ばりに当たり前のことしか言っていない。中身がない。でも、これが街頭演説ならば、何か特別なことを言っているように聞こえるのだろうか。

「何かをやろうという意思を常に持っている」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ここでしか書けない」 言葉の在庫を放出した。

往復書簡 無目的な思索の応答

又吉直樹,武田砂鉄
朝日出版社
2019-03-20

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

okorineko なるほど〜。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

chikara69 そうそう、とても的を得ている(笑)。 https://t.co/Q85FzK4OWy 3ヶ月前 replyretweetfavorite

yasoo0923 https://t.co/tKDuWzWeGY https://t.co/tKDuWzWeGY 3ヶ月前 replyretweetfavorite

tremolo02 https://t.co/1zClNw3fe9 3ヶ月前 replyretweetfavorite