一生モノの住み処選び

五輪直前! マンション市況を占う

【選手村が坪300万円切れば相場下落も】

2019年、マンション市場はどうなるのか。ちまたで流れる暴落論と、市況を左右しかねない増税や五輪選手村の販売開始といった予定イベントの影響を検証した。

 今マンションが驚くほど売れていない。新築の契約率は、好調と不調を分ける70%を下回り続けている(下図参照)。そんな中、「都下エリアでも1000万円値下げする物件も出てきた」と不動産関係者は言う。

 だが、それでも関係者の間では「個々の物件や不人気エリアでの価格調整はあっても、19年や五輪後に市場全体の価格が暴落するとは思えない」という声が大勢だ。

 東京カンテイの井出武上席主任研究員は言う。「バブル崩壊やリーマンショック時のような急激な下落は考えづらい。リーマンの際と今の最大の違いは、新築市場が大手デベロッパーの寡占状態にあること」。大手不動産7社(メジャーセブン)の首都圏の新築シェアは、2007年は24%だったが、17年は46%とほぼ半分を占める。リーマンのときのように、マンション専業デベの投げ売りで価格が下落するような事態は考えにくいというわけだ。また、五輪後も都心では再開発計画がめじろ押しのため、下げても一時的かつ限定的という声が多い。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年12/1号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-11-26

この連載について

初回を読む
一生モノの住み処選び

週刊ダイヤモンド

東京23区の新築マンションの平均価格が、7000万円の大台を突破した。片や、販売戸数が激減したにもかかわらず、契約率は好調とされる70%を下回り続けている。2019年の暴落説が流れる中、現役世代に加えて住み替えを考える中高年も、様子見...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード