モテる奴の持つ台風の渦はとてつもなく巨大

前回、ユウカは悶々としたまま、渋沢を見送り、家にひとり戻った。
だけど、ひとりで過ごすには、ユウカの頭はぐるぐるまわり続けていた。

「ユウカ、来月から臨月だから、今のうちにまた遊びに来なよ」
病院で偶然に再会したアキが、ユウカにそう言っていた。

部屋のベッドに横になりながら、病院でのことを思い出していた。 アキと再会したとき、渋沢は瞬間的に席を離れていたけど、アキは彼のことをどう思うだろうか?

もし、彼のことを見ていたとしたら、アキに聞いてもらいたい話がいくつもある。

今日、私と渋沢は一緒にトイレに行って変態的な行為に興じた。 病院内の忙しなさをいいことに、一瞬の間隙をついたような行為。

その後、ユウカは渋沢に「部屋に泊まっていかない?」と誘ったけれど、あっさり渋沢から振られてしまっていた。

ユウカは悶々としたまま、アキのことを思い出していた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません