テキトーなサービス」の国が楽なのはなぜか

多様性と寛容の国、マレーシア。いろいろといい加減なところがあったりするのですが、その一方で相互扶助、相互の許し合いの考えが浸透していて、それが何とも生きやすいのだと、マレーシアに長期滞在中の野本響子さんは語ります。

前回はマレーシアでもっとも嫌われるマナーは、ウエイターやウエイトレスに威張ること、と言うお話をしました。その背景には、社会は持ちつ持たれつ、お互い様で、なおかつ他人に期待しすぎないと言う精神性があるようです

今日は実際にマレーシアでの「お互い様」がどんな感じか、ちょっと例を出して紹介します。


二重駐車に怒らない理由とは

マレーシアでは二重駐車が当たり前です。

ホテルで私の車の前に別の車が横付けに駐車してあり、出られないことがありました。困って警備室に相談したら、側で聞いていた男性がニコニコしながら、「多分、サイドブレーキが外して止めてあるから、押して出ればいいんだよ」と教えてくれたのです。

やってみたら、本当にサイドブレーキがかけてなくて、私の力でもその車を手動で動かすことができ、無事、駐車場から出られました。そうか、押して動かせばよかったのか。新興国らしい知恵だなぁ、と思ったのです。

別の日のこと。街に駐車して戻ってきたら、隣に大きなトラックがピッタリ止めてあるのです。ギリギリすぎて、私の車が出られません。何度かやってみるのですが、擦ってしまいそう。そのうち、トラックの運転手が戻ってきて、「ソーリーソーリー。出にくいだろ。悪いけど、ここに止めないと搬入できないんだ。運転代わってあげようか。俺なら出られると思う」と私の車を代わりに運転してくれたのです。上手に出てくれて、サンキューといって別れました。

こんな風に、助けてもらえる回数が、東京にいるときより増えました。

私も、日本にいた時はもう少し他人を警戒していたと思うのです。

知らない人をいきなり信頼して大丈夫?と心配されそうですが、マレーシアにいると、ゆるくテキトーになっていく。そして、他人に任せられる、いつも頼れる(騙されたり、失敗するかもしれないけど)、怒ったらだめ、という思考回路ができてしまったようです。


日本では成立しない「テキトーなサービス」

日本からマレーシアやフィリピンなどの東南アジアに戻って来て感激するのが、ケータイ屋さんです。

特に便利なのが、街にある1畳くらいの小さいショップ。どこも暇そうで、携帯電話の取り扱いに慣れている印象で、ちょっとした故障ならさっさと裏蓋を開けて作業してくれます。携帯の保護フィルムを買えば、こちらもさっさとつけてくれます。

日本のように「お客様、お手数でございますが……」などと丁寧では全くありません。
まるで昔からの友達のように対応はラフなのですが、信頼して任せてしまえば、割と快適にお付き合いできます。

うまく動かなければ、「なんか動かないです」って持っていけば、「どれどれ」と見てくれるのです。ただし、一方で「バックアップは取ってますか?」などと確認してくれることもありませんし、壊してしまう可能性もあるわけです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

たのしく生きるヒントがいっぱいの野本響子さんの最新刊はこちら!

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本人の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jin109 そしてこういう国の人たちは、みんな幸せそうに見える。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

trockneblumen そして発達障害の子ども達の場合はさらに、自分を出すことを恐れている時がある。鷹揚でなく正解を要求される空気の中、失敗を恐れて。困っていると言い出せなかったり。 https://t.co/h69vKcVjDm 3ヶ月前 replyretweetfavorite

iso057 シンガポール滞在中2度ほど結婚式場的なところにメシ連れてかれたのだけれど、店員さんたちの給仕の手際の良さと、その他の時間のおしゃべりやスマホいじりとの態度の落差がとてもすがすがしく感じられた。 「これくらいでいいよね〜」 https://t.co/4f57Yp5XBS 3ヶ月前 replyretweetfavorite

junkoike_sake 「テキトー」というよりも「過剰じゃない」ってことなのかも。 3ヶ月前 replyretweetfavorite